« 外国出張中 | トップページ | 北大 »

2024年4月16日 (火)

天津甘栗

   

Img_3394

 

天津にきています。

ここには、南開大学に弟子がいて、

呼んでくれました。

JKファミリーメンバーのしるしであるマグカップを差し上げました。

  

お昼は、名物の豚まん、ということで一番有名なお店へ。

     

Img_3360

   

で、

聞きました。

天津飯ってありますか?

あったら食べたいんだけど。

そしたら即答、

ないです。

  

嗚呼、日本人の創作どんぶりだった。

  

じゃあ、

天津甘栗はありますか?

あります。

寒くなったら売ってますよ、

というので、

店内を見渡したら、

ほんとでした。

    

Img_3380_20240416230501

   

実は、   

天津市は政府の直轄地で、

北京や上海と同じく、重点都市です。

   

その中心的大学ということで、

来たんですけど、

いやあ、

すごいですわ。

   

Img_3386_20240416230501

    

高分子化学科なんですけど、

山形大学の高分子系の10倍の規模。

その教員数だけじゃなく、

この大学には中国科学院の院士の数の多いこと多いこと。

     

思うんですけど、

こういう形で重点大学を指定して、

継続的に支援すること、

これが基礎研究には重要です。

    

一方、

日本では制度を頻繁に変更して、

大型プロジェクトも本省の課長が変わるごとに新しくなって、

現場ではそれに対応するのが精一杯。

今や、

特に地方大学は疲弊しきってます。

   

今夕も、

高分子系の教授たちと、

濃いめのお酒をいただきながら交流を深め、

中国と日本って、政治レベルでは仲良くないですが、

我々民間でまともなネットワークを築くことが、

お互いの将来のためと、改めて思いましたね。

  

ちなみに、こちらでは接待費に上限はありません。

山形大学は会議費として三千円だけですけど。

      

Img_3405

   

しかし、

茅台酒(マオタイ)はきついわあ。

    

   

ということで、   

こちらの応援クリックもお願いします。

        ↓

       

   

 

« 外国出張中 | トップページ | 北大 »