« 米沢の若手 | トップページ | 食番組 »

2023年2月 8日 (水)

美食家

    

Img_6384

     

私の知るベンチャー起業家は、

若い人からベテランまで、例外なく食べるのが好きで、

高級店から街角のロコ御用達の食堂まで、

とても詳しいです。

     

例えば、坂本桂一さん、

私より年上ですけど、

彼が連れて行ってくれるお店にハズレはありません。

   

先日、

東京で会って、一緒に仕事をしている30代の若手起業家も、

初対面なのに1時間はトンカツの話をしてました。

     

なぜそうなるとか言うと、

ベンチャー企業家は好奇心旺盛です。

人がおいしいと言うもの、聞くと食べずにはおられません。

科学者もそうです。

好奇心を満たすことがモチベーションになります。

  

好奇心旺盛だから新しい発見に結びつくし、

新しいビジネスを思い付きます。

そういう意味では、

食に興味のない人は、ベンチャー企業家や科学者に向いてないかもしれません。

     

昨夜も米沢市内の若手事業家たちと懇談してた時にラーメンの話になり、

どこが美味しいとか、好みとかと言うことになって、

私は今はもう亡き東部食堂のもやしソバ(ラーメンです)が好き、

とか、やっぱり龍上海米沢店かな、とか、南陽の葵は絶品とか、貴伝も美味しい、とか、

意見を申し上げましたが、

ある若手社長さんが、

ひよこ食堂の辛ネギ味噌チャーシューが、めちゃうまいと目を輝かせながら主張しつつ、

半チャーハンがラードを使っていて、これがまたうまいんです、

なんて言うもんだから、

好奇心旺盛の私としては早速車を走らせることになりました。

   

そんなわけで、

食べ物の話題というのは、ビジネスでも大事だと思うわけで、

起業家や起業家志望の若い人たちは、

日頃からせっせと美味しい店を探索すべきだと思います。

     

で、

ロコが行く美味しい店を2〜3紹介すると、

先日初めて行った福島飯坂温泉の餃子なんかは好例で、

ひたちという焼肉屋さんの円盤餃子なんですけど、

          

Img_6350

   

これは餃子博士と呼ばれる私でさえ、

唸るような味でしたね。

福島では円盤餃子が有名で、お店も多くて、

かつて一番有名な店に行ったものの、

なるほどね、こんなもんですか、的な印象だったんですけど、

今回は違いましたね。

恐るべし、焼肉屋さんです。

        

Img_6348

    

で、

焼肉屋さんといえば、

米沢のみよしで、

ここは肉だけじゃなく、

しめのカレーライス

裏メニュー生卵付き、

が絶品です。

      

Img_5022

       

やっぱり、

米沢牛をカレーに使うとこうなるのか、みたいで、

滑らかで、コクがあって、

その辺の国産牛カレーとは王様と奴隷くらいの差がありますね。

恐るべし焼肉屋さん。   

            

Img_6341

     

それと米沢といえば、

焼き鳥

でしょうか。

       

Img_5214

      

まあ、

この値段で。

このハイクオリティ。

  

奇跡というほかありません。

  

Img_5624

        

そんなわけで、

ミシュラン三つ星の店にも行くけど、

こういう奇跡的な店を探し出すというのも、

ベンチャー企業家は好むと言うことです。

     

なので、

私は食べ物の話題で、

その人の頭の中身がわかってしまうので、

薄っぺらい人は、すぐに化けの皮が剥がれるし、

分厚い人は、信頼するし、

特に、  

人類滅亡の日の前日の最後の晩餐に何を食べたいかをすぐに口にできないような人は、

ベンチャー起業家失格の烙印をペタンとおでこに押してあげます。

    

ご用心を。

    

    

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

       

    

« 米沢の若手 | トップページ | 食番組 »