« ホームシアター | トップページ | ごまラー油 »

2022年5月 6日 (金)

すき焼き求道者

 

46d6a535cf6f485495552fcfc2363e7d 

(お手本的すき焼き屋は京都の三嶋亭)

 

今日は大学で仕事、

キーボードをパコパコ叩いていると、

早稲田の後輩からMessageがあって、

私に会いたいという人がいるので紹介したとのこと。

   

実は、

競技スキークラブの後輩で、

スキーは遅かったけど、

人間性はとてもいいやつなので、

卒業して30年以上経った今でも、

ものを頼まれると断れません。

  

で、

こういう場合は東京で、

ごく少人数で食事でもしながら、

顔合わせ、ということになるんですけど、

毎回すき焼きです。

    

というのも、

私がすき焼き好きということを知っていて、

そういうお店を探してくれます。

 

で、

それはそれで有難いんですけど、

私は単なるすき焼き好きのオヤジではなくて、

すき焼き道を極めようとする 

求道者でもあるからです。

   

肉質、肉の厚み、合わせる他の食材、

そして中居さんの調理の仕方まで、

それはそれは、うるさいんですね。

鍋のように客の前に肉と野菜を置いていくなんていうことでは、

求道者を満足させることはできません。

  

残念なことに、

米沢のお肉料理屋さんには中居さんがいないので、

東京などの牛肉の名店で、

すき焼きをいただくことを楽しみにしています。

     

前回のすき焼き屋では、

中居さんが卵を泡立つくらいに混ぜていて、

あの白身のトロリ感が全くなくて、

ちょっと残念でした。

   

さて、

今度のお店はどうなのか、

期待と不安が入り乱れてしまいます。

  

  

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

       

  

  

« ホームシアター | トップページ | ごまラー油 »