« 3.11 | トップページ | ピンチはチャンス »

2022年3月12日 (土)

9.11

     

D5bd4b99f7fd4a8396364620a1ddc0ae

(9.11後のニューヨーク)

     

11年前の3.11の前日、

3.10ですけど、東京にいました。

お台場のイベントでの講演会。

骨折した右腕は吊るしたまま、

ヘルニアによる腰痛ために座ったまま。

       

200メートルも歩くと、脂汗が出て、

へたり込んで休憩するという状態でしたから、

講演会キャンセルもありだったんですけど、

親が死んでも舞台に穴をあけない芸人的な考えで、

講演会は絶対キャンセルしない方針ですから、

頑張って出張したわけです。

   

夜、米沢に戻って、

次の日が震災ですから、

もし、1日ずれてたら、

お台場で被災して、

2週間ほど路上生活だったでしょう。

     

実は、

こういう間一髪逃れました的な脱出劇がたまにあります。

   

例えば、9.11。

あの時は8月下旬にニューヨークにいく機会があって、

ブルックリンの母校訪問、

イーストリバー越しにワールドトレードセンターをバックに写真撮ったりして、

ロサンゼルにに移動、

UCLAでの国際会議に出席して帰国、

その夜にテレビのニュースを見ていて腰を抜かした訳です。

       

つい数日前に見たツインタワーに旅客機が突っ込んでる映像って、

最初は映画かドラマと思いましたけど、

それが現実と知り、驚き、たまげ、

ニューヨークの友人や恩師のことがとても心配になりました。

      

で、

ロサンゼルスの会議に出席した人たち、

中にはもう1日長く滞在した人も多くて、

そういう人たちは空港閉鎖で、

1週間は帰国できなくなりました。

間一髪でした。

  

それから、

随分前ですけど、

アイスランドで火山が噴火して、

ヨーロッパ中で飛行機が飛べなくなった時、

ドイツにいました。

   

私の帰国の便は5時間遅れで、フランクフルトを夜中に飛び立ちましたが、

それが最後で、

その後、1週間は空港閉鎖となりました。

もう1日、長くいた日本人の会議参加した人たちは、

その場に留まることになりましたね。

   

そんな訳で、

大災害が来る時に、

間一髪逃れる星の下に生まれてるようで、

そういう意味では私と行動を共にすると、

ギリ逃れられるということです。

      

ちなみに、私の誕生日は

2.11です。

何か、関係あるのかもしれません。

   

   

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

        

 

 

« 3.11 | トップページ | ピンチはチャンス »