« 若手育成 | トップページ | オリジナルとカバー »

2022年3月 5日 (土)

おしんの時代

  

9ad8796393f4441ab10078e3b6c90751

 

おしんのおかげで山形は世界中で知られることになりました。

大阪生まれの私でさえ、

山形に来る前からおしんの山形と知ってましたから。

 

ただ、

このイメージって暗いイメージなんです。

 

雪に苦しみ、

貧乏に耐え、

女性は奉公にでる。

   

実は、

これって単なるイメージじゃなくて、

今でも、こういう雰囲気はあります。

    

山形の人たちは、

雪に耐えます。

平均年収が低くて、

三世代同居が多いのも、

みんなが働いて家族を支えるためです。

まあ、

今は学校に行かずに奉公に出されることはありませんが、

主婦の多くはパートに出ます。

 

こんな状況で、

子育てするって、どれだけ大変なことか、

少子高齢化が進んで、地方は消滅すると言われてるのに。

子育て環境は一向に改善されてるとは思えません。

  

おしんの大正時代から、令和の今まで、

一体全体、この地方ではどういう取り組みをしてきたんでしょうか。

女性も男性も子供たちも、

イキイキと活躍する山形にしたいと思うんですけど、

市町村長さんたち、一緒にやりませんか?

  

    

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

        

 

 

« 若手育成 | トップページ | オリジナルとカバー »