« 広報 | トップページ | 入試の思い出 »

2022年3月 9日 (水)

うどんチェーン

   

20220309-1649

      

ちょっと古い話で申し訳ないんですけど、

先月、Facebookで丸亀製麺の看板についてのネット記事を紹介すると、グルメ大学教授からコメントをいただきました。

  

僕は丸亀製麺のうどんは結構好きです!!でも香川と縁があろうがなかろうが、丸亀市に店鋪があろうがなかろうが、知ったことではないし気にしたこともないです。うまければ食べるし、でなければ食べない、それだけです。香川県に縁がないお店が「讃岐うどん」を名乗って何が問題なのか理解できません。例えば日本にはイタリアンのお店がたくさんありますが、経営者はイタリアに縁もゆかりもない人がほとんどですよね?福岡に関係ない人が経営する長浜ラーメンのお店とかも普通にいっぱいありそうですし。

  

私自身が食品ベンチャーの社長でもあり、会社名や商品名には強いこだわりがあるんですけど、丸亀製麺というブランドを考えた人は、天才だと思ってます。
   

世の中にはイタリアン、中華、フレンチ、などなど多くの国の食べ物屋さんがありますが、こういう店の店名はほぼその国にあやかってつけられてます。

けど、必ずしも店長やシェフがその国出身ではなく、第一号店がその国でもなく、修行した国がその国でもないんですけど、そういう名前をつけるのは、一つには客が美味しそうに感じるということです。

これって、店内の装飾でもそうですね。

食べるというのは、単なる栄養補給ではなく、

エンターテイメントでもあるというのが私の考えで、

例えば、昼に夜は何を食べるかを考えるところから、夕食は始まってると思います。

特に、外食する時には、その店の店名、門構え、匂い、五感の全てが脳を活性化させ、それが食欲につながり、

食べるという行為を最大限に楽しむようにできてます。

  

だから、

イタリアンの店はイタリアっぽいし、中華は中華っぽい、

だから、脳がそれを期待して、それ用の胃液を分泌する。

だから、とても需要なんです。

   

北京飯店なんていうイタリアンのお店があったとしても、

美味しそうに感じませんからね。

        

そういうわけで、

うどんチェーンならば、

美味いうどんを連想させる名前の方がいいに決まってます。

はなまるうどん、よりも丸亀うどん、の方が客としては期待が膨らみますよね。

    

しかし、

客は知ってるんです。

丸亀うどんという暖簾を見ても、

必ずしも丸亀出身の人が調理するわけでもなく、

丸亀が発祥の地でもないうどん屋さんが存在することを。

     

だから、

丸亀製麺は丸亀うどんではなく、

丸亀製麺なんです。

           

これだと、

100人中99人はこのお店は丸亀の製麺会社が店舗を経営してると信じます。

そういう意味で、究極的にうまい命名だと思いますね。

      

世の中、

こうお店って山ほどあります。

築地発祥でもないのに、そんな名前のたこ焼きチェーンとか、

大阪発祥でもないのに、道頓堀ってお好み焼きチェーンとか。

        

Img_6402

     

けど、

それって客が美味しく食事をする一助にもなってるとすると、

必ずしも責められるものでもないと思います。  

    

ただ、

明らかに繁盛店のパクリっていうお店もあったりして、

コメダ珈琲にそっくりのコーヒーチェーンとか、

そういうのって、

いかがなものか、と思います。

   

いずれにしても、

私自身、食品業界には良心と言うものは期待してなくって、

常に、自分の目と舌を信じるだけですね。

   

   

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

        

 

 

« 広報 | トップページ | 入試の思い出 »