« コロナ禍の過ごし方 | トップページ | 博士公聴会 »

2022年2月 3日 (木)

地方活性化

     

Img_0699

    

今日は文科省の方々とオンラインでのミーティング。

山形県民が山形大学に期待してる事はなんでしょう的な質問に対して、一言。

   

産業の活性化です。

と、私。

    

人口の減少、

これは自然減と流出。

なぜ流出するか、

それはやりたい仕事がないから。

       

まあ、

これって山形に限らず、どこの地方でも同じですね。

っていうことは、

大学のできることといえば、

産業の種を生み出すこと、

そして、それを育てて、

目に見える形まですること。

      

そう、

ベンチャーですよ。

ベンチャーがポコポコ生まれる地域って、

があるんですよ。

       

夢があれば若者が集まります。

若者が集まれば、

新しいことが始まります。

町が変わります。

   

大学のキャンパスがあるだけだと、

学生がいるだけです。

何も始まらないんです。

  

大学はベンチャーを始める教員や学生を支援する、

ベンチャーを支援する、

そして地域に貢献する。

    

私は地方大学に求められてるのは、

それが第一だと思いますね。

 

 

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

         

   

« コロナ禍の過ごし方 | トップページ | 博士公聴会 »