« センター試験 | トップページ | なぜ山形なのか »

2022年1月16日 (日)

大学入試の思い出

   

B7c5562e51d74b4db3ce08a69b81a1be

  

昨日から自宅でプチ断捨離というか、

仕分け作業を実行していて、

特に娘の荷物というか、

所有物というか、

学校の教材なんかを片付けてました。

  

で、

教材といえば、

高校1年のとき、

大学進学の話をしたときに、

東京大と京都大ならどっちがいいの?

と聞くので、

勉強できる人が東大に行って、

頭のいい人が京大に行くんだよ、

というと、

じゃあ、京大に行く、

というので、

じゃあ、Z会に入会したほうがいいということになって、

教材を取り寄せたものの、

見事に、一度も教材に手をつけず、

それが箱の中に入ったままの姿で出てきたのを見て、

当時のことを思い出しました。

   

結局、娘は通信教育も受けず、

塾にも行かず、

しかも高三の6月まで剣道部で活動し、

現役で志望大学に合格しました。

これって単純に、

米沢興譲館高校の教育、受験対策が、

それだけで十分だということで、

実際に、娘は先生から出された課題だけを一所懸命やってました。

教育の地域格差って、言われますけど、

何なんでしょうね。 

   

ひょっとしたら、

大学教授の父親が家庭教師でもしたんだろうと

思われるかもしれませんが、  

小学校の時にツルカメ算を教えたくらいの

記憶しかありませんし、

勉強しなさいとか、宿題しなさい、

なんて一度も言った事はありませんでした。

    

Ab353f7dbe7d478e80d2080a1ea38aa5

       

で、 

私学入試の際も、

1人で上京するというので、

ホテルを予約したり、

受験会場までの交通手段を調べてプリントアウトしたり、

そんな記録が残ってました。

    

D60a4638449441b8801c0618c6852e61

        

最初の慶應受験の際は、

1人で美味しいもの食べるんだ、と言ってたものの、

いざとなったら1人で飲食店に入ることもできず、

テイクアウトしてホテルの部屋で済ませたり、

上京二回目の早稲田受験の際は、

ルームサービスで夕食をとったりと、

ウブな高校生らしいところがありました。

   

そんな女の子も、

今では一人暮らし歴5年、

居酒屋でも、バーでも、

1人でどこでも入れる女性になりました。

   

かわいい子には旅をさせろ、

これって昔から子育ての王道なんでしょうね。

   

    

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

       

  

« センター試験 | トップページ | なぜ山形なのか »