« 今週 | トップページ | 食で集める »

2021年10月17日 (日)

地方活性化の方法

 

20211017-1917

 

一昨日のことなんですけど、

米沢市長を前に講演させていただきました。

     

その題目も、

地方活性化の方法教えます

ですから、

かなり上から目線です。

   

地元に生まれ育っては、

その地方のよさ、悪さ、など、

実はわかってません。

そこを、

旅の人の私が指摘したわけです。

   

で、

90分の講演の中で、

ごく一部を紹介すると、

たとえば、

米沢の味ABC

   

これは米沢を代表する味ということで、

私も32年前に米沢に来たときに耳にしました。

   

で、

Aですけど、これはApple

Bが、Beef

CがCherryじゃなくて、Carp

   

まあ、

米沢牛を扱う飲食店は多いです。

しかし、

鯉はどうでしょう。

たった1店舗です。

  

リンゴに関しては、

ほぼないと言ってもいいでしょう。

  

ですから、

米沢の味ABCと言っても、

それらを味わえないのに売りにしてるって、

おかしいです。

   

で、

提案しました。

小野川温泉の各旅館で、鯉料理を夕食に提供しましょう。

マグロや甘エビなんて海の幸を米沢のような山の中の旅館で食べたい客はいません。

それよりも鯉のあらいや、絶品の鯉の塩焼きを出しましょうよ、と。

そして、

デザートには、イチゴやメロンなど、どこでも食べられるフルーツよりも、

ドライリンゴを使ったここでしか味わえないものを味わってもらいましょうよ。 

   

20211017-1918

   

米沢の奥座敷の小野川温泉も、

もっとに関して特徴を出さないと、

結局は上山や蔵王、銀山温泉のような有名な温泉街に客は持って行かれます。

  

他にもいっぱい提案させていただいましたけど、

実はもっともっとありました。

90分じゃあ、少ないんですよねえ。 

  

   

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

       

 

 

« 今週 | トップページ | 食で集める »