« 都の西北 | トップページ | 敬老の日 »

2021年9月19日 (日)

プロフェッショナル

  

Img_0125_20210919215801

      

この写真の真ん中は田村尚之プロです。

先日のシニアツアーのファンケルクラシックで優勝されました。

      

Img_0126

        

何を隠そう、

田村プロがホストのゴルフ番組、

ゴルフ交遊抄

に出演したんですけど、

それが先週と今日の2回に分けてオンエアされました。

          

Img_8215

   

一緒に出演したのは、

卒業生の森です。

    

Img_8219

     

私の推薦で、出演するパートナーを選べたんですけど、

多分、卒業生の中でゴルフが一番うまいと思われるので、

選びました。

   

っていうか、

大企業を辞めて、

ベンチャーを始めた数少ないチャレンジする卒業生なので、

選びました。

   

Img_8229

   

まあ、

番組収録の裏話等は、

個人的にお話しするとして、

ここで言いたいのは、

    

やっぱりプロはすごい。

   

ということです。

プロフェッショナルという番組がありますが、

そこで紹介されるその道のプロが、

プロフェッショナルとは、

と問われて、それぞれが意見を述べますね。

     

で、

私の場合、

もし、プロフェッショナルに出演して、

同じ質問をされたらこう答えるつもりです。

   

人の期待に応えるのがプロフェッショナルです。

   

すなわち、

野球選手なら、ホームラン打ってくれと観客が願ってる時に、

きっちりホームランを打つ。

歌手であれば、聴衆が感動するような歌声で歌う。

プロゴルファーであれば、

アマができないショットをいとも簡単に打つ。

   

そこには、驚きや感動が伴います。

それを体現できるのがプロフェッショナルです。

      

大学教授の場合はどうでしょう。

研究者として、教育者としてプロフェッショナルでなければなりません。

しかし、人を感動させられるような研究を行ってる教員はそんなに多くありませんし、

学生が感動するような講義をしたり、

卒業生が、この先生に習ってよかった、人生が変わった、と思われる教員も多くはありません。

   

私は、人類に貢献できる研究

そして世界に通用する学生を育てたいと思ってます。

それができてるかどうか、私には判断できませんが。。。

      

    

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

        

   

« 都の西北 | トップページ | 敬老の日 »