« 蔵王 | トップページ | プロフェッショナル »

2021年9月18日 (土)

都の西北

   

Img_8559_20210918204201

       

きょうは出身大学である早稲田大学の校友会の総会が山形市でありました。

何を隠そう、

若輩者ながら、山形支部の副支部長を仰せつかっております。

    

人生というのは不思議なもんで、

私は大阪出身、大阪育ちなので、

東京が嫌いで、

東京の大学に進学するなんて、

夢にも思ってなかったですし、

行きたいとも思ってませんでした。

   

しかし、

第一志望大学に落ちて、

早稲田大学に進学することになったんで、

そういう意味でも、入学の際には感激もありませんでした。

       

が、

当時の早稲田という大学は、

地方出身者が多くて、

結果、

多彩な多くの友人に恵まれ、

しかも、

4年生の時の研究室で生涯の恩師に出会い、

研究の面白さを知り、

アメリカに留学させていただき、

そして今の自分があります。

     

多分、

第一志望の大学に合格していたら、

それで満足してしまい、

きっと、大した努力もせずに卒業し、就職して、

今頃はどうなってたかって、

考えると、

早稲田に進学してよかった、

と心から思います。

   

ということで、

受験生の皆さんや就活している学生さんに言いたいのは、

結果的に進学先や就職先が第一志望じゃなくとも、

それが一生懸命頑張った結果であれば、

それは、なんらかの理由があって、

そういう結果になったのであって、

与えられた場で頑張れば、

最初はお先真っ暗と思っても、

一筋の光が差し込むことでしょう。

   

人生90年とすると、

最初の18年や20数年で決まるものではありません。

とにかく必死でやってみることです。

 

と、

校友会総会に出席していて、

都の西北に行ってよかったなと、

改めて思いました。

  

   

こちらの応援クリックをお願いします。

        ↓

        

 

« 蔵王 | トップページ | プロフェッショナル »