« Youtube | トップページ | 奇跡のトマト »

2021年2月22日 (月)

20年後

   

20210222-173625

      

研究室配属の前に、

3年生や2年生、時には1年生が研究室見学にやってきます。

そんな時には、

研究室の設備を見せるというよりも、

研究室の選び方を教えてあげます。

  

まず、

20年後の40歳の時にどうなってたいのか教えて、と尋ねます。

多くの学生は、研究職につきたいと答えます。

それは、会社の研究所なの?国立研究所なの?大学なの?

何の研究がしたいの?

  

学生の思考はこの辺りでストップします。

まあ、自分自身が大学生の時に40歳の自分を考えたことなどありませんでしたから、

そうなるのも理解できます。

    

で、続けます。

20年後にどんな社会になってると思う?

想像できる?

   

この辺りから、私が一人で喋り続けることになります。

未来は、過去、現在の延長にあります。

過去から現在に来た道のり、それを考えれば未来がどうなるか想像できます。

きっと来年は今年より、少し変わるでしょう。

だから想像は容易です。

しかし、

3年後、5年後、10年後と進めていくと、

20年後には日本という国、そして世界が大きく変わっていくことも想像できますね。

     

そして、

そんな20年後に自分が置かれているべき立場が、

どうであるのか、どうありたいのか、

その理想像を現実にするには、

今何をすればいいのか、どこの研究室で何を学べばいいのか、

わかるはずです。

だから、今から卒業まで、

何をなすべきか、よく考えて下さい。

    

思い出します。

平成元年に米沢に来たころは、

スマホどころか携帯電話もありませんでした。

初めてネットでメールをやり取りしたときの感動は忘れられません。

それが今や、

人と人がオンラインで繋がり、

いつでもどこでも誰とでも会話をすることができますから。

      

この20年間、

徐々にですけど、

世界は大きく変わりました。

これからの20年も、

徐々に徐々に、

大きく変貌するでしょう。

   

それを先に見越して動く人たちに、

幸運の女神は微笑むと思います。

  

変貌する世界で通用する人材を

一人でもこの地から輩出したいと思います。

    

   

こちらのご支援のクリックもお願いします。

        ↓

       

 

« Youtube | トップページ | 奇跡のトマト »