« もし飲食店の経営者なら | トップページ | 日本化学会賞 »

2021年1月 6日 (水)

飲食店はコロナフリーか?

      

飲食店はコロナで大変です。

特にお酒類も提供しているお店。

    

昨日のバカブログでお話ししたように、

もし私が飲食店の経営者なら、協力金で店が存続できない場合は、時短要請を無視して営業するしかありません。

というのも、

私の収入で家族を養い、子供を学校に通わせているのですから、

仕方ないですね。

      

で、

その時に重要なのがコロナ感染拡大防止対策です。

一体、何をどう準備すればいいのでしょうか。

それが飲食店向けのガイドラインです。

     

では、

東京都の場合はどうでしょう。

一時、テレビでも話題になりました例の虹のステッカーの貼ってあるお店が守っているべきガイドラインです。

      

20210106-113231

       

たったこれだけで、虹ステッカーです。

東京都ではこれで十分と言ってるわけです。

    

???

   

で、

どれくらいのお店が虹色ステッカーを貼っているのか知りませんが、

東京では実際に飲食店で感染が拡大しています。

      

ガイドラインには、

利用者に関しては検温も実施する必要はなく

  

単に熱がある者は入場をご遠慮いただくようお願いするなどの取り組みを行なっている。

   

という項目だけです。

テーブルの人数制限もなし

テーブル間隔も、

できるだけ2メートルの距離を保つ

だけの記載です。

       

そもそも、

自己申告制ですから、

虹ステッカーを貼ってるお店で、

どれだけ守っているかも疑問です。

都によるチェックすらありません。

  

交通法規を守ります、

の自己申告だけで運転免許証を交付するようなものです。

   

すなわち、

東京都がこんな適当なガイドラインで感染拡大防止なんて言ってるから、

感染が拡大し続けるわけです。

      

で、

東京都が参考にしているのが業界団体である日本フードサービスのガイドライン。

       

20210106-113341

   

ここでも、

入店時の検温がありません

    

20210106-113351

  

大声でしゃべって飛沫を飛ばすから感染拡大するわけですけど、

実際に、それを注意しているお店がどれだけあるでしょうか。

    

20210106-113358_20210106155701

    

しかも、

そうしないような掲示も店内に貼られていないところがほとんどです。

   

とにかく、

感染拡大の原因は、都道府県、市町村、業界団体の飲食店への指導が甘すぎるということです。

そもそも業界団体が徹底的により厳しいガイドラインを普及させて、

それを守らせていれば、

飲食店での感染拡大は防げました。

       

で、

地元ではどうでしょうか。

これは山形市のガイドラインです。

      

20210106-113809

  

項目が少ないですね。

ここでも業界団体である日本フードサービスのガイドラインを参考にするように記載されてます。

   

20210106-113937

      

しかもこのフォームに必要事項を記載して、申請すればいいだけです。

申請すれば運転免許がもらえるようなものです。

      

20210106-114038

   

まあ、

宣言店ですから、宣言するのは自由です。

という事で、

こういうステッカーが利用者にとってはいかに意味がないか、

おわかりいただけると思います。

      

で、

足元の米沢市です。

ここでは業界団体のガイドラインです。

主催が米沢市じゃなく、米沢商工会議所青年部、米沢青年会議所ですね。

コロナに対して若手が立ち上がったという事です。

                 

 20210106-114812

      

実際、米沢では、このポスターをよく見かけます。

で、ガイドラインの項目はこんな感じです。

    

20210106-114846

    

で、

全15項目のうち、幾つ当てはまるかで、

星の数が決まります。

15個中14個で星3つで、

私の知る限り、

星が2つや1つのお店は見た事がありません。  

   

っていうか、

星1つなんて、

逆に危険な店みたいで、

ポスター貼れないです。

       

ただ、

このやり方だと

重要な項目が一つ欠けてても星3つなので、

         

極端な話、

体調不良者が勤務していても星3つは可能ですし、

体調不良の客も断らない

大声で喋る客がいる、

他の客と相席になる、

大人数で宴会が開かれている、

なんて事が起こりうるわけです。

     

まあ、

このガイドラインは米沢の業界団体の

飲食店に対する啓蒙活動ですから、

これによって店主の方々が少しでもコロナ対策に真剣に取り組んでくれればという事で

始まったようです。

      

ですから、

このポスターはお店の安心安全を保証するものではありません。

あくまでも、

店主が感染拡大防止に気を使っていますよ、

と捉える方がいいでしょう。

     

という事で、

こいいうポスターは目安にして、

やはり、利用者は自分の目でその店が安心安全なのか、確認して利用するのがいいでしょう。

    

じゃあ、

もっとわかりやすい安全のはないのかというと、

それが

ウイルスクリーン推進店制度です。

この緑のステッカーが安全安心の証です。

    

Img_3126_20210106172501

  

これは

以前にもお話ししましたが、

山形大学の学生が中心になって推進している安全安心店普及活動ですが、

医学部の専門の先生がガイドラインを監修しています。

   

ガイドラインとしては、

もっとも厳しくて、

もっとも早くこれだけの項目で作成されました。

もしこれが全国に普及していれば、

今のような事態にはなっていないだろうと思われます。

     

ではなぜ

普及しないのでしょうか。

  

それは項目が厳しくて、

守りきれないと店主は思うからです。

      

例えば、

入店の際の検温です。

  

客が嫌がるから、

という事で業界団体のガイドラインでは外されてます。

  

ウイルスクリーン推進店では、

1テーブル当たりの人数制限も最初からありました。

大声で喋らない、

とか、

席を移動しない、

とか、

こういう掲示を店内にする、

とか、

今になって、国が声高にいうようになった項目なんて

最初から盛り込み済みです。

      

 

Img_2291

ですから、

昨年の夏にでも全国に広めていれば、

今の惨状にはならなかったでしょう。

    

じゃあ、

誰の責任かというと、

結局は国や地方自治体じゃなく、

業界団体であり、飲食店の店主でしょう。

   

ウイルスクリーン推進運動については、

このブログでもフェイスブックでも繰り返し、繰り返し、繰り返し、

その普及を訴えています。

学生委員や私自身が直接、米沢市内の飲食店を回りました。

      

Img_2182_20210106172901

しかし、

どれだけの飲食店が採用したでしょうか?

飲食店がお店の存続を願うなら、

まず自らが努力する事です。

 

Img_2238_20210106172801

  

この活動を知ってて、

実施しないのは単なる店主の怠慢ですね。

GoToトラベルやGoTo Eatに期待したりせず、

今からでもウイルスクリー推進店に登録しましょうよ。

→ ウイルスクリーン推進委員会

   

もちろん、

広報活動が十分じゃないので、

知らない店主も多いとは思いますが、

地域の業界団体に推奨するとか、

普及のやり方はいろいろあると思います。

   

とにかく、

出来ることをしっかりやりましょう。

精一杯の努力もせずに国に頼るって、

    

なんだかなあ、

    

と心の底から思うんです。  

     

     

ポチッとこちらの応援のクリックをお願いします。

        ↓

       

  

« もし飲食店の経営者なら | トップページ | 日本化学会賞 »