« イノベーター育成塾 | トップページ | 応用物理学会誌 »

2021年1月10日 (日)

英語での講義

 

Aa76619f2a6f42599bd622d6527e3d3d

 

英語というと、

英会話に関しては、日本の高校生はアジアの国々の中でもダントツで一番ヘタで、

それはなぜかと言う話を同僚の大学准教授としていて、

多分、教え方がヘタなんだよねと言うことを申し上げました。

  

赤ちゃんが言葉を習う時には、

お母さんの言うことをまず聞きます。

そして、それを口に出します。

だから、

発音はお母さんといっしょ

  

日本の中学生が英語を習う時、

日本人の英語の下手な英語教師から

下手な発音を習うので、

そりゃあ、

下手な英語しか話せません。

   

小学校から教えりゃいいってもんじゃないよね。

 

で、

大学はどうかというと、

大学教員が全員英語ペラペラなんてことはありません。

日本の高校を出て、

大学を卒業して、

大学院で博士を取得して、

そして教員になります。

 

だから、

英会話を習得する機会のない人は

永遠の英会話ベタです。

 

で、今や、

大学の国際化が叫ばれ、

留学生を増やすように文科省から言われてます。

  

でも、

授業が日本語で、

英語が通じない大学って、

留学生から敬遠されます。

   

と言うことで、

提案です。

    

いきなり授業を英語にするのは、

その能力のない教員にとっては

首を言い渡すようなものです。

   

だから、

新たに教員を採用する際に、

また、昇進の際に、

講演会を英語で実施して、

模擬授業も英語で行ってもらい、

質疑応答も英語でやれば、

いくら研究ができても、英会話能力の低い人は大学教員にはなれません。

   

そんなことで、

山形大学の玉手学長には、

来年度から全ての学部での教員採用の際には、

全てのイベントで英語を公用語にしていただければ、

よろしいのではないでしょうか、

と提案させていただきます。

   

  

こちらのご支援のクリックもお願いします。

        ↓

       

   

« イノベーター育成塾 | トップページ | 応用物理学会誌 »