« コロナ交付金? | トップページ | ナポリのように »

2020年12月 3日 (木)

喫煙ルーム

    

Img_7423

   

米沢市から工学部へ、そして全教職員にイエローカードです。

大学周辺の路上で喫煙したり吸い殻をポイ捨てするな、

とのお願いです。

公式の文書での協力要請です。

      

Img_7424          

     

と言うことなので、

非喫煙者の立場から一言述べさせていただきます。

と言っても、学生の時は吸ってましたから、喫煙者の気持ちはよくわかる元喫煙者です。

  

まず、

なぜ路上なのかと言うと、

キャンパス内が全面禁煙だからです。

これはいつからか忘れましたけど、

数年前は屋外に喫煙スポットが設けられてました。

が、

今はありません。   

    

だから、

タバコを吸うにはキャンパス外に出る。

近くの路上で吸う。

と言うことになります。

        

では、

どうやって米沢市の協力要請に応えられるでしょうか。

元喫煙者の立場で解決方法を考えてみました。

       

     

その1

学部長命で喫煙者にタバコをやめてもらう。

     

これができれば簡単です。

でも、このご時世にタバコを吸い続けるような思考回路をお持ちの方はやめる訳がありません。

          

その2

学部長命で勤務時間中はタバコを我慢してもらう。

        

これができれば簡単です。

でもこのご時世にタバコを吸い続けるような思考回路をお持ちの方は我慢できる訳がありません。

    

その3

お茶代を学部長が補助するので、喫茶店に行って吸ってもらう。

    

知る限り、近くの喫茶店も禁煙です。

     

その4

学部長命で電子タバコに切り替えてもらう。

    

元喫煙者の私から言わせると、あれはタバコじゃない。

あんなの吸うくらいだったらタバコやめる。

   

その5

キャンパス内、事務等の一角に喫煙所を設ける。

 

実はこれしか解決策はありません。

見たことありますよね、東京駅のプラットフォームにも。

ああ言うのです。

とにかく、人の迷惑にならないように、

病気になるなら人を道ずれにしないように、

それに他の喫煙者を間近で見て、

タバコもやめらえれない麻薬中毒患者みたいだ、と戒められるように、

煙吸引機完備の快適な喫煙所があればキャンパス内の学生や他の教職員、

それに米沢市民にも迷惑もかけずに

問題が一発で解決すると思います。

        

このままだと、

某教授のような麻薬中毒患者的喫煙者はトイレや校舎の裏でこそこそ吸うようになり、

火事の原因にもなりますからね、

工学部長は早めに判断される方がいいでしょう。

    

      

ポチッとこちらの応援のクリックをお願いします。

        ↓

      

     

 

    

   

« コロナ交付金? | トップページ | ナポリのように »