« 生産者の支援 | トップページ | 喫煙ルーム »

2020年12月 2日 (水)

コロナ交付金?

    

Img_0731_20201202150001

      

朝、テレビを見ていると、佐賀県のコロナ交付金が無駄に使われているとか、ないとかを話してました。

どうも各地方自治体に新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金というのが交付されていて、

それも総額が3兆円ということです。

      

佐賀県の場合、空港内にキッズスペースを作ったり、スポーツ施設に大型電光掲示板を設置したり、佐賀誓いの鐘を設置したリと、直接コロナ対策とは思えないことに1億円近くを使ったということです。

   

佐賀県には151億円も交付されていて、そのうちの1億円ですから誤差範囲といえば誤差範囲ですが、肝心のコロナ対策はしっかりされてるのでしょうか?

他の地方自治体でも公用車を購入したり、スキー場のライトアップ花火などのイベント開催などなど、とてもコロナ対策とは思えないことに使われているとのことで、

こういうのを聞くと、

なんだかなあ、

と思うんです。

      

随分前から地方分権なんて声高にいう人たちがいますが、

果たして任せていいものかどうか。

もちろん、多くの地方自治体では立派な首長、優秀な職員が頑張ってる地域もあるわけですけど、

今回のような無駄遣いを耳にすると、

まだまだ地方分権なんて無理なのかなあと思います。

       

今回の新型コロナが感染拡大を始めた頃に、

大学教授として何ができるかを考え、

学生に声がけしてウイルスクリーン推進委員会を設立し、

飲食店向けのガイドラインをいち早く作成しました。

学長からポスター制作などの予算もつけていただきました。

    

その時に、

飲食店が検温計やパーティションなどコロナ対策に必要な備品の購入費用を米沢市に補助金として負担願えないかと、

市の職員にお願いしましたが、それはかないませんでした。

      

地方自治体にこのようなコロナ交付金が届いているなら、

是非とも飲食店や旅館、ホテルに対してその対策費用の補助を今からでもお願いしたいところです。

特に飲食店でのコロナ感染拡大が実際に起こってるわけで、それは感染防止対策が十分ではないということで、

交付金を無駄遣いしてる場合じゃないということですね。

    

我が米沢市や山形県では交付金がどのように使われているのか、

とても気になる今日この頃です。

    

      

ポチッとこちらの応援のクリックをお願いします。

        ↓

      

   

 

« 生産者の支援 | トップページ | 喫煙ルーム »