« 旬のもの | トップページ | 教育者 »

2020年11月29日 (日)

ひらとき

  

Img_2890

 

きょうはひらめきときめきサイエンスです。

日本学術振興会科研費のアウトリーチプログラムで、

これでもう16回目でしょうか。

初回からずっと開催を続けて、

うちの研究室が連続開催記録を伸ばし続けています。

   

Img_2896

  

で、

今回はコロナ禍での開催ということで、

もちろん感染対策は徹底的に。

      

Img_2892

      

検温もしますし、

3密も避け、

プログラムの内容も変更しました。

今回は17名の参加です。

      

Img_2900

    

大学研究室へようこそ

という、副題もついているひらときです。

教授や助教ばかりでなく、

大学院生と交流し、

研究室の最先端実験室を見学し、

実際にフラスコを振りました。  

    

Img_2902

     

中学の教科書で習う科学

とは全く違う世界を垣間見るわけです。

        

Img_2906

      

わたしも有機ELの話をさせていただきましたが、

途中、化学発光で光る溶液の実験を織り交ぜながら、

光の三原色を混ぜて白にして見せたり、

      

Img_2922

   

実際に有機EL材料を合成したり、

きっと

中学生たちには

新鮮な体験だったと思います。

     

Img_2915

  

参加者に未来博士号を手渡す時に、

今回は

ちょっと早いクリスマスカードをプレゼント。

     

Img_2918_20201129162701

   

実は、

光るんです。

めちゃ薄の有機ELとバッテリーがが仕込まれていて、

押すと光ります。

     

Img_2943

    

いつもはクッキータイム

お菓子を食べながらの質問タイムですが、  

飲食を伴う会合はよろしくないということで、

世界一おいしいシュークリームをお土産に持って帰ってもらいました。

       

Img_3779

   

元気な山形の中学生たち、   

科学技術立国の日本の将来をまかせましたよ!

 

Go for it!      

  

  

ポチッと応援のクリックをお願いします。

        ↓

      

   

« 旬のもの | トップページ | 教育者 »