« ルービック | トップページ | 鮎あれこれ »

2020年9月27日 (日)

京都

  

半年ぶりでしょうか。

京都に来ています。

 

三月の下旬は、

コロナ真っ盛りで、

ホテルもガラガラ、

人通りもなく、

これがあの京都?

と言う感じでしたが、

今はコロナにもなれ、

人が出ています。

 

withコロナって言うんでしょうか、

みんなマスクをして、

アルコール洗浄をするのにも、

なれた様子です。

 

Img_1998

 

ホテルの朝食会場でも、

検温です。

  

Img_2001

  

地下鉄の駅にもポスターが。

実際に、マスク着用率は99.9%といったところでしょうか。

   

Img_2013

  

こんな感じで、 

マスクしないと、

デパートにも入れませんからね。

    

Img_2003

     

有名な市場も、

外国人こそ見かけませんが、

日本人観光客がたくさん来ています。

よかったと思います。

    

検温もして、

感染対策を徹底して、

お客さんを迎える。

これがwithコロナでの商売のあり方です。  

  

で、

気になったのが、

鮎の塩焼き。

    

Img_2005

 

店によっては、

こんな表示が。 

   

Img_2004

 

天然

ですか?

  

私は定年後は鮎釣り師として生活しようと思ってるくらい、

鮎には詳しいのですが、

この形を見ただけで、

この鮎が養殖物だとわかります。

  

なんちゃって天然鮎

 

です。

 

まあ、

観光客相手だから、

わからないだろう、

と思っても、

中には私のようなプロがいることを

忘れないでほしいと思います。

   

コロナ感染防止も、

商売も、

なんちゃって、

はダメです。

  

とにかく  

真面目に取り組めばお客さんは戻ります。

もう少しの辛抱ですから、

みんなで頑張りましょう。  

   

 

という事で、こちらのクリックをお願いします。

           ↓

         

  

« ルービック | トップページ | 鮎あれこれ »