« 幽霊とコロナ | トップページ | 駅前うどん »

2020年8月13日 (木)

安全の証か?

  

Img_1426

   

ニュースで報道されてました。

東京都内のフィリピンパブで感染クラスター発生。

またか、みたいな感じですけどね。

      

そもそも、

なぜ、感染多発地帯に足を踏み入れるのか、

私にはまったく理解不可能ですが、

それよりも、問題はこれです。 

    

Img_1431

   

このお店、

実は東京都知事が推薦する店で、

感染防止対策実施中とやらで、

安全の証のステッカーを貼っています。

   

Img_1435

  

まあね、

客としては都知事推薦のお店ですから、

安心と思うわけです。

  

で、

結果、コロナに感染です。

   

Img_1437

   

自慢げに、

ステッカーのことをアピールする都知事ですが、

安全の証を信じて入店したお客さんが感染するという

皮肉な結果になりました。

      

Img_1440

   

だいたいが、

東京都の認証制度は穴だらけで、

このバカブログでも何度も指摘してますが、

この制度は客離れして困っている飲食店に

客を戻すための制度でしかないということです。

               

Img_1442

  

で、

都の職員曰く、

ガイドラインの順守状況を確認する必要があると、、

    

これくらい想定してなかったのか、

呆れるばかりです。

     

Img_1446

   

自己申告だけでもらえるステッカーなんて、

全く意味がないということを

このブログの賢い読者の皆さんはわかってください。

    

で、

浜松市。

      

クラスターが発生してからの飲食店へのガイドラインの提示。

そして

ようやく先週からの認証制度の開始。

   

まあ、遅いですね。

市長の認識の甘さが感染拡大を招く典型的な例かと思います。

   

20200813-200745

 

ホームページを見ました。

ここも東京都と同じく自己申告制で、

誰でもステッカーがもらえます。

   

20200813-200818

  

意味ないです。

不完全な東京都の制度をそのまま持ってきたようです。

  

20200813-200853

   

専門家委員会での意見を踏まえ、基準を作成したとのことですが、

ここも穴だらけです。

     

実は、

浜松市長の投書箱に、

知り合いがウイルスクリーン推進委員会のことを紹介しました。

   

その返事がこれです。

     

・・・

「市長へのご意見箱」にご意見をお寄せいただき、ありがとうございます。
先日、拝見しましたメールにつきまして、市としては以下のとおり考えております。
今後ともよろしくお願いいたします。
                     浜松市長  鈴木 康友

山形大学発のウイルスクリーン委員会の取り組みについては、本市においても注目していましたので、今回、本市が取り組む飲食店認証制度の構築において、大いに参考にさせていただきました。
ご指摘のとおり、制度整備に緊急を要すると考えており、当地域の感染症の専門家等にもご意見をいただきながら、8月7日付で認証の受付を開始しました。

・・・
     

結局は公務員的な対応で、残念な結果になりました。

これからますます、

各地でのなんちゃって安全安心対策店での感染拡大は増えることでしょう。

    

真面目に感染対策を考えている店主の方々は、

いますぐウイルスクリーン推進委員会の認証制度をご利用ください。

  

しかし、

なんでマスコミはうちに取材にこないんだろ、、、

それが不思議です。

     

      

こちらのご支援のクリックをお願いします。

           ↓

         

  

« 幽霊とコロナ | トップページ | 駅前うどん »