« レジ袋 | トップページ | オススメのお店 »

2020年6月 5日 (金)

黒猫

   

Img_8567

   

黒猫といっても犬や猫の黒猫ではありません。

クロネコの話です。

    

私はクロネコヤマトの宅急便をよく利用します。

特に、

困窮している娘に食料を送るときとか、

県外でゴルフをする場合の往復便ですね。

最近ではスマホで簡単に送り状が作成できるようになってとても便利になってます。

    

で、

3月下旬のこと、

往復便のゴルフバッグが戻ってくると

何と、

ドライバーのシャフトが折れてました。

見た瞬間、

  

えっ!

 

みたいな。

複数持ってるドライバーでも

一番相性のいいエースドライバーでしたから、

ショックです。

   

で、

一週間後くらいに、

支店に持ち込みました。

    

すると、

お預かりします言われたので、

折れたシャフトとヘッドを置いてきて、

約2ヶ月。

    

本日、

届きました。

      

Img_9979

   

ゴルフをする方ならわかると思いますが、

ゴルフクラブというのは、シャフトヘッドからなり、

シャフトにはグリップが装着されています。

ゴルファーは自分なりのオリジナルの組み合わせで使用するわけです。

    

で、

戻ってきたドライバー。

私のオリジナルのシャフト、グリップのままで戻ってきました。

シャフトには硬さもいろいろあります。

どこのメーカーでもいいわけではありません。

グリップにもこだわりがありますしね。

    

Img_9981

  

で、

結論。

     

きっとクロネコヤマトにはゴルフ器具の専門家がいて、

破損した場合には、そういう専門家が部品を取り寄せて修理しているんだなあ、ということです。

ますます信頼が厚くなりましたね。

     

けど、

   

シャフトの長さが違ってました。

  

嗚呼。   

      

  

こちらのご支援のクリックをお願いします。

           ↓

         

  

« レジ袋 | トップページ | オススメのお店 »