« ZOOM会議のこと | トップページ | ZOOM講義 »

2020年6月15日 (月)

安全と安心

  

Img_0124

 

今朝ですけど、たまたま目に入ったモーニングショウで、

雀荘再開のことを報道してました。

  

まあ、

3密の権化のような場所ですから、

どういう対策を施しているのか、

興味があります。

   

Img_0125

   

で、

先日のこのバカブログで紹介したように、

透明の仕切り。

  

Img_0127

  

まあ、

うっとおしいでしょうね。

  

Img_0130

 

店長曰く、

感染防止対策の柱だとか。

   

Img_0132

  

プレイするみなさんも

しょうがないけど、

この方が安心なのか、

文句も言わずプレイされてます。

  

けど、

手元を見ると皆さん、素手麻雀牌を触りまくり、

点棒をやりとりし、

安全ではありません。

  

安心と安全、

全く別物ということがよくわかります。

   

Img_0138

  

19日以降、

営業自粛の全面解除ということで、

これまで感染クラスターが発生していたような

ホストクラブもライブハウスも

自由に営業ができるようになるようです。

    

そこで、

業界ではガイドラインを提示して、

お店にできるだけ守るように通達しています。

 

けど、

守るか守らないかは店の自由。

客が来るんだから、今のまま営業しちゃうもんね、

という店があってもおかしくありません。

   

Img_0141

 

実際に、

すでに営業再開しているホストクラブでのクラスター発生が報告され、

業界のガイドラインの通達は、

客に安心を与えても、

安全を約束するものではありません。

     

Img_0147

   

東京都のこれまでの感染者数の報告も、

発熱など症状の重い人だけを検査しての結果であって、

軽い人や無症状の人は検査すらされてませんでした。

   

一方、

今回の感染者47人という発表は、

無症状も含めてホストクラブ関係者を徹底的に検査した結果とのこと。

        

しかしまあ、

都合のいい検査方式であり、

検査結果の報告だと思います。

     

山形県など東北の各県は、

感染者が出れば、濃厚接触者全て無症状でも検査しての数を発表してきました。

だから、ゼロと発表されれば、正直ベースで、感染者がゼロなわけですね。

    

だから、

今のところ、

東北は安全であり安心です。 

   

では、

なぜ東京で今更ホストクラブでの検査を徹底してその結果を発表するのでしょうか。 

    

それは、

業界を特定して安全ではない、

ということを人々に知らしめるためです。

   

きっと、

ホストクラブにも何らかの業界団体があって、

ガイドラインが各店に通達され、

多くのお店では守るようになるのでしょう。 

  

でも、

そうじゃないお店もあって、

それを苦々しく思う都知事が、

安心感を取り除くために今回の行動に出たのだと思われます。

    

Img_0154

   

PSR検査結果が発表され始めて、

東京都では、

オリンピックのこともあって、

その検査数をできるだけ少なく限定して、

感染者数を見かけ上少なくして、

安全でもないのに安心感を演出したり、

花粉情報のような意味のない東京アラートを発令したり、

解除したり、

 

とにかく、

東京ではコロナ対策が政治的に運用されているような気がして、

安心でも安全でもありません。

  

もっと、

PCRや抗体検査など、

各種検査の方法にしても感染者発表の仕方にしても、

とにかく論理的に行わないと、

人々からの信頼は得られず、

結果、安心感も生まれず、

安全な東京というイメージが

崩壊するような気がします。

   

こんなことで、

来年のオリンピック、

どうおもてなしするつもりでしょうか?

   

  

こちらのご支援のクリックをお願いします。

           ↓

         

    

« ZOOM会議のこと | トップページ | ZOOM講義 »