« コロナのせい | トップページ | タクシー »

2020年3月11日 (水)

倒産前夜

  

Img_8349

  

昨夜は東京、

東京駅丸ノ内駅前には人もまばらで、

オリンピック日数カウンターが、なんだかもの寂しく感じました。

  

はっきり言うと、

1年延期になると予想してます。

なぜなら、

ここのところ、感染者の数がうなぎ登りだからです。

英語でいうと、Out of control

 

釣りの世界では一跳ね千匹というくらいで、

川面に魚が一匹跳ねると、水面下には群れがあって、千匹はいるということです。

ですから、

隠れ感染者が実際には1000倍、あるいは少なく見積もっても100倍いると考えると、今後の1ヶ月で感染者数は少なくとも今の10倍には激増でしょう。

その時点で、オリンピックがこの夏に開かれる可能性はゼロになりますね。

  

と言うことは、

国は最悪の事態を考えて、

オリンピックのことよりも病床を急ピッチで増やすとか、

客がこない温泉旅館やホテルを借り上げて、一時的に感染者を収容する施設にするとか、

ワクチンの開発を急ぐとか、

とにかく、

オリンピックよりもコロナ対策を第一に考えなければなりません。

  

Img_8358

 

そんなことを考えながら、チェックインした昨夜のホテルは、

さすが一流で、

一度、パジャマのXLを頼むと、

その次からは、ベッドの上にこうして準備してあります。

 

で、

昨夜はさらにデスクの上にお知らせの印刷物が。

  

Img_8359

  

朝食会場が、

いつものバイキング、ダイナー共にクローズで、

比較的小さなフランス料理店でのみ提供しているとのこと。

 

Img_8353

  

そこで、

朝の8時に指定のレストランに行くと、

日本人ばかり、

5組しかいませんでした。

   

Img_8364

  

まあ、

食事のクオリティは高く、

オムレツは78点、

三日月パンは100点でしたけど。

  

Img_8366

 

9時前にチェックアウトした時のロビーは、

深夜のロビーのように、

静かで、

というか、

静まり返っていて、

桜も涙を流しているようでした。

 

なんだか、

日本株式会社の倒産前夜という雰囲気すらしましたね。

   

オリンピック延期が現実になると、

私がこれまで経験したことないような大不況が襲ってくるのでしょうか。

    

    

ご支援のクリックをお願いします。

           ↓

         

  

« コロナのせい | トップページ | タクシー »