« 3月6日異業種交流会中止 | トップページ | 日本酒 »

2020年2月26日 (水)

国語

   

72dfdc730d5d40d6bd2664076301bf11

 

今は帰りの新幹線の中です。

こうやって移動しているときは、いろいろ考え事ができます。

この旅では、とりあえずは、駅の表示は外国人には不可解な

 

ローマ字ではなく、

英語で表示すべし、

 

ということでケリがついたわけですが、

日本語表記がまだうやむやのままでした。

なぜとーきょーじゃなくてとうきょうと書くのか。

 

そこで、さらに考えました。

  

とうきょうきょうとのように、

母音がお+う

と続く場合にはおーと実際には発音しています。

   

とうきょうとーきょー

きょうときょーと 

ですね。

   

これはおおおーと発音するのに似てます。

おおさかが実際に話すときにはおーさかですから。

  

なぜこう発音するかというと、

やってみるとわかりますが、

の発音との発音の際の、ちょっと口をすぼめる開け方が非常に似ています。

  

しかも、の場合はよりも力強いです。  

ですからと発音すると、それに続くが惰性で発音されてしまい、

おおそして おーとなってしまうのです。

 

より強い

わけで、強いのが先にあると、次の弱いのが流されてしまいます。

より強しです。

しかしその逆はありません。

うおうーにならないように。

  

これを他の言葉に適用するとこうなります。

   

お父さんは

おとうさん

と書いて

おとーさん

  

農家は

のうか

と書いて

のーか

    

能楽師はうがくしと書いて、

のーがくしと発音しますね。

   

私のいる工学部は

こうがくぶ

と書いて

こーがくぶ

です。

   

しかし

 

例外を見つけました。

次の漢字を読んで見てください。

    

講師、格子、光子、孔子、公私、 

全部、ひらがなで書くと

こうしです。

しかし、

こーし

と読みますね。

   

しかし、

子牛は、

こうし

と書きますが、誰も

こーし

とは言いません。

こうし

のままです。

    

星座の牡牛座も

おうしざ

であって

おーしざ

とは言いません。

  

他にも例外がないか探してみると、

小売

がありました。

こうり

と書いて、

こうり

とそのままです。

     

誰も小売店のことをこーりてんとは言いません。

他にも、小うるさい、と書いてこうるさいとそのまま発音します。

誰もこーるさいとは言いませんね。

    

どうもに続く言葉が重要なときは、きちんと後ろの言葉を発音してこうしのようにいうのでしょう。

ですから決して日本人がおうの発音ができないのではありません。

    

実はそれに似ているのが、の関係です。

これらも口の開け方が似ています。

しかもの発音はよりも勢いがあります。

ですからえいと母音が続くと、強いに弱いが流されてしまい、

えーとなってしまいます。 

えええーになるように。

 

その逆に、

い、えと続く場合は、弱いものの後に強いものが来るので、流されずに

いえ

と発音されます。

  

決して、

知恵ちーと発音する人はいません。

そんなんこと言ったら知恵のない人のように思われます。

  

生活は

せいかつ

と書いて、

せーかつ

 

聖子ちゃん

せーこちゃん。

   

だいたいこのルールが当てはまり、

母音がえいと続く場合はえーと発音しています。

  

ただし、ここにも例外があるようです。

例えば、

魚のエイ

えーという人はいません。

意味不明になるからでしょう。

     

滅入る

これは

めいる

とそのままです。

めーるとは

言いません。

別の意味になりますから。

   

他にも、

魚のセイゴは

せいごであって、

せーごとは呼びません。

  

これらの例外がなぜそう呼ぶのかは不明です。

とにかく、

おう

えい

のように口の開け方が似ていて、

しかも強いものの後に弱いのが続くときは、

おうおおとなり

おーへ、

えいええになって

えー

と変化してるわけです。

      

ということはですね、

東京はひらがなで書くと、

 

とうきょう

  

となりますが、

これは、

書き言葉

ということです。

そして、

とーきょー

というのは、

話し言葉

ということですね。

  

そう考えると、

東京駅の表示は、

とうきょう

が正しくて、

とーきょー

と書くと、

それは話し言葉であって、

正しくないというより、

 

品がない

 

ということになります。

   

まあ、

こんな読み方はこの国に住んでいると、

自然になんとなくわかることですけど、

決して小学校では教えてなくて、

私も習った記憶がありません。 

外国人の人たちにはとても不思議なことでしょう。

      

だから

英語とか、プログラミングを教える前に、

国語、日本語というものをもっときちんと教えるべきじゃないかと

強く思います。

      

    

賛成の方、クリックをお願いします。

             ↓

           

  

« 3月6日異業種交流会中止 | トップページ | 日本酒 »