« 2020年1月 | トップページ

2020年2月

2020年2月18日 (火)

弁慶

  

Img_7742

 

きょうは修士論文発表会の第一日目。

うちの研究室の精鋭が発表しました。

 

まあ、

指導教員が言うのもなんですが、

 

よかった

 

ですね。

先週の練習の時に、まだまだかなと思った学生も

おいおい。

これって応用物理学会で通用するよ、

みたいなレベルにまで仕上がってました。

  

うれしいですね。

  

学部3年の後期に配属されて3年半、

鉄は熱いうちに打てといいますが、

 

伸びました。

  

で、

打ち上げは恒例の

居酒屋弁慶に。

  

ここは、助手の時代から30年お世話になってる

城戸研究室の第二の会議室と呼ばれたほどのお店。

   

Img_7747

   

今夜もみんなでワイワイガヤガヤゲラゲラ。

   

Img_7750

  

いやあ、

楽しかったなあ。

  

Img_7753

   

もちろん、シメは特注のカレーライス生卵落とし、

これを飲むようにいただくのが礼儀というもの。 

   

Img_7752

  

明日は2日目と

謝恩会。

   

飲みすぎないように気をつけます。

   

 

こちらのご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

   

2020年2月17日 (月)

ふるさと納税

   

Img_7430

  

JR東のトランベール2月号に米沢品質アワードの広告ページがあるのは、

先日お知らせしたとおり。

その中に、アンデザートの鷹山秘伝豆のジェラート。

すでに、ご覧になられた方も多いと思います。

   

で、

この度、米沢市のふるさと納税の返礼品としても選ばれました。

こんな感じです。

       

20200217-222910
 

ということで、

米沢市に納税してあげてもいいと思う方、

是非ともよろしくお願いいたします。

       ↓

ふるさとチョイス米沢市
 

 

こちらのご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

  

2020年2月16日 (日)

ピッツァ

  

Img_7700

   

きょうはガールフレンドを隣に乗せてプチドライブで山形市まで。

 

何を隠そう、

長年連れ添った愛車と別れて、

新しい車の慣らし運転を兼ねてました。

   

まあ、

車も8年半も連れ添いますと、

多くの思い出がありますね。

JKタクシーでは毎日お客さんを運びましたし、

愛着もあり、家族の一員です。

    

けど、

あちこち傷んできて、結構修理代も嵩むようになり、

パフォーマンスに何の不満もありませんでしたけど、

春も来ることだし、

思い切ってお別れしました。 

写真はサヨナラする前に撮ったものです。

  

これまで、ありがとうな!

   

で、

本日の行き先はPizzeria、

 

フラム(Flamme)

    

Img_7717

    

初めてのお店で、

できてまだ1年半くらいとか。

     

Img_7713  

    

これがね、

うまいの。

  

特に、

この生地というか、

焦げ目というか、

なかなかのもんですよ。 

    

で、

誰といったかというと、

うちの大学のイタリア

   

Img_7715

    

ナポリ人だけど、

ミラノさんという教授で、

彼が推薦してくれました。

  

まあ、

本場のナポリ人がうまいというくらいですから、

本物ですね。

 

何を隠そう、

私自身、イタリア料理に出会ったのは、

今から40年くらい前の高校卒業後に、

友人のムライくんが大阪は北新地のジジというお店に連れていってくれたときです。

カネロニとか、ラザニアを生まれて初めて食べて驚愕し、

イタリア料理に覚醒してしまいました。

   

そんなことで、

これまでイタリア料理は食べまくってきましたが、

本場ナポリの人たちと話をしていると、

目から鱗というか、 

まだまだ知らないことばかりで、

もっともっと美味しいものがイタリアにはあるのだということを知り、

これからも、

イタリア料理を食い続けなければならないと改めて思いました。 

   

Img_7724

   

オーナーシェフは、

東京で修行をしたらしいのですが、

釜もナポリ製で、

かなりのこだわりです。

  

こんな若者が山形でお店を開いてくれるなんて、

ありがたい話だし、

これからも応援したいと思います。 

 

皆さんもぜひ。  

  

 

こちらのご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

  

2020年2月15日 (土)

有機ELとジェラート

  

Img_7670

 

先週金曜日のことだったんですけど、

新聞が届きました。

2月13日の朝日新聞です。

  

で、

よく見ると、 

  

Img_7671

  

東北版に、

 

米沢発 有機ELに続け

 

とありました。

何を隠そう、

嬉し恥ずかし、

鷹山秘伝豆のジェラートが、

 

米沢品質アワード

 

を受賞したことが

うまくまとめてありました。

   

うれしいですね。

 

私たちの目標である

 

食材ロスをなくして世界から飢餓をなくす

 

ことまで書いてありました。

ネット販売も始まってます。

         ↓

     アンデザートのサイト

  

是非とも、

多くの人に味わっていただきたいです。

この究極のジェラート。

 

 

ご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

 

2020年2月14日 (金)

表彰状

 

Img_7655

  

昨日のことです。

 

卒論発表のあと、

オフィスでオスカー・ピーターソンを聴きながら

気持ちよく仕事をしていたら、

修士の2年生、二人がやってきました。

   

で、

表彰状を差し出して、

 

優秀学術研究賞

 

をいただきました、

と。

    

うちの学生はほぼ毎年のように、

こういった賞をいただくので、

慣れっこになってるんですけど、

   

聞くと、

学年で3人しかいただけないとのこと。

  

ほほう、

そのうち二人が君たちなわけね。

  

それはそれは、

よくやりました。

  

おめでとう

  

ということで、

褒めてあげました。

  

左の荒井くんは、リーディング大学院所属で、

4月からは博士号を目指します。

右の増田くんは、社会人になって有機ELの開発で頑張ります。

   

Good Newsをありがとう。

これからの活躍を期待してます。

  

  

ご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

 

2020年2月13日 (木)

卒論発表2日目

  

Img_7647

  

きょうは朝からうちの研究室の卒論発表でした。

先週の発表練習の時には、

ダメダメでボロクソに言われていたのに、

修正、練習したのか、

発表は良くできたと思います。

  

ただ、

質疑応答がまだまだで、

ちょっと鍛え方が足りなかったかなと反省しました。

  

まあ、

学科の先生方の前で、初めての卒論発表ですから緊張はしますけどね。

    

修士に進学する学生がほとんどなので、

これから2年間、じっくりと育てます。

    

    

ご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

 

2020年2月12日 (水)

卒論発表

  

Img_7636

 

今日から始まりました、

卒業論文の発表会。

1日目のきょうは、審査員として他の研究室の発表に参加。

  

Img_7639

  

朝からずっと、

聞いて、

質問して、

午後3時過ぎまで。

  

疲れました

   

けど、

おもしろかったです。

笑うおもしろさじゃなくて、

興味深い方のおもしろさです。

  

特に、有機半導体、バイオセンサー関係の発表が相次いだわけですけど、

応用物理学会とか、

高分子学会のセッションより、

   

新しくて、

レベルが高くて、

内容の濃い発表が多数でした。

   

明日はうちの学生たちの発表です。

ちゃんとできるか、

ちょっと心配です。

  

  

ご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

 

2020年2月11日 (火)

御礼

  

Img_7631

  

今夜は自宅で登起波のお肉をお腹いっぱいいただきました。

建国記念の日です。

61回目の誕生日です。

SNSでたくさんのお祝いのお言葉、ありがとうございます。

    

しかし、あっという間でしたね。

大学助手として米沢に来たのが平成元年、30歳の時。

 

あの頃は、

61歳の教授なんて、

爺さんで、

しおれてて、

自分があんな風になるとは夢にも思ってませんでしたが、

いつの間にかそんな歳になってました。

     

なんだかなあ、

と思います。

  

けど、

まだまだやりたいことがあって、

やらねばならないこともあって、

しおれてる場合じゃありません。

   

これからもご支援、ご協力いただくことたくさんあるかと思いますけど、

何卒、

よろしくお願いいたします。

  

  

こちらのご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

  

2020年2月10日 (月)

ごはんジャパン

  

20200210-174816_20200210234201

  

先週末、テレビを見ていたら次週の予告。

 

20200210-174828_20200210234301

  

えっ!

  

米沢やん。

  

20200210-174857_20200210234201

  

しかも、

料理人が、

   

リンタロウちゃん

 

こと、

馬場乃町はやし

の大竹林太郎さん。

     

Img_7516

 

   

何を隠そう、

先日も、

お料理をいただきました。

   

 

Img_7518

   

一言で言うと、

 

東北一の和食料理人

  

米沢で、

こんな料理食べられるの?

みたいな、、

 

ただ、食材が

  

小野川温泉の豆もやし

  

と言うことで、

ちょっと、

心配でもあり、

楽しみでもあり、

 

みんなで観ましょうね。

  

 

ご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

  

2020年2月 9日 (日)

餃子

 

Img_6058  

 

といえば、大阪王将

これも完全に鍵と鍵穴関係です。

   

中学の頃、

友達の村井くんの家の近くに大阪王将のフランチャイズ店があって、

初めて行きました。

当時は一人前が90円で、3人前食べても270円という超リーズナブルなお値段です。

   

大阪王将では餃子の餡をその店で包むという方式をとっていたので、

おっさんがリズミカルに包んでいるのを今でも覚えています。

当時は10人前食べるとタダになるというので、成功した人たちの名前が張り出されていました。

    

高校の時は通学の時に、

わざわざ途中下車して、

鶴橋駅店によく行きました。

カウンターで焼くところを何十回と見たので、餃子の焼き方はプロレベルに上達しました。

ちなみにここは直営店です。  

   

当時の高校生にとっては、

王将はなんというか、

それぞれこだわりがあって、

小松くんは緑橋店が大阪一うまいと言っていました。

ここも直営店です。

     

ですから、

直営店とかフランチャイズ店とか、

王将に関してはなかなかうるさい奴が多かったです。

もちろん、当時の王将は餃子専門店で、

メニューには餃子とビールしかありません。

ですから、3人前、とか4人前とか、

こんな感じで注文してました。

 

京都王将のことを知ったのは、

私が高校卒業後に京都に住んだ時です。

ここは餃子の王将というものの、

中華料理のファミレスチェーン店です。

ですから、餃子はもう一品という感じで注文されるので、メインディッシュではありません。

もちろん、餃子の味は大阪王将に劣るのですが、

最初に京都王将で餃子を知った人たちは、大阪王将との味の区別がつかないようです。

 

ダメですね。

 

ですから、

大阪王将で育った人間は、

特別に餃子にうるさくて、

大阪王将でも店によって、

焼き方が甘いだの、

ムラがあるだの、

くっついてるだの、

口が開いてるだの、

とにかくうるさいです。

 

以前、初めて東京の新宿に大阪王将がオープンしたときのこと、

喜びコロこび行きましたね。

カウンターに座って、3人前とビールを注文。

素人さんのように、天津飯とか中華丼なんて頼みません。

 

餃子

 

です。

で、待っていると、

隣の同年代のおっさんが、

店の人を呼んで、

いちゃもんつけてます。

 

これ、二度焼きしたやろ!

 

大阪の人は怖いですね。

もちろん、そんなことはないと思うのですが、

焼き方が気に入らなかったのでしょう。

私と同じく、若いときに大阪王将直営店で育った人らしくて、

オープンしたばかりの未熟な焼き方に

がっかりし、

落胆し、

怒り、

我慢ならなくて、

ついつい口をついて出たものと思われます。

  

で、

私にも3人前が届きました。

見ると、

口がパカッと開いています。

 

これ、二度焼きしたやろ!

 

と、文句を言いそうになりましたが、

グッとこらえました。

大人ですから、 

 

テレビでたまに餃子特集があったりしますね。

宇都宮だとか、

浜松とか、

 

いやあ、

所詮素人観光客相手の店ばかりです。

大阪王将は小うるさい大阪人を相手に育ちましたから、 

味、

値段、

たぶん世界一だと思います。

 

千葉にはホワイト餃子という

人気店がありますが、

あれは皮が厚くてモチモチの

揚げ餃子っぽくて、

あれはあれで美味しいのですが、 

大阪王将は正統派焼き餃子です。

  

まあ、

鍵と鍵穴の関係ですから、

私のように阪王将で育った人間にとっては、

どこでどんな餃子を食べても、

大阪王将にはかなわないと思うでしょうね。

     

というものの、

餃子好きなもので、

王将の餃子を超えるような焼き餃子にお目にかかって見たいと、

すすめられるがままに餃子を食べ続けています。

 

なかなかうまいじゃないか、

と思われるのもありますので、

いつかご紹介させていただきます。

    

    

ご支援のクリックをお願いします。

             ↓

           

 

2020年2月 8日 (土)

鍵と鍵穴

  

Img_7576

  

今日のお昼は珍しくガールフレンドとラーメンを食べに行きました。

山形県はラーメン消費率全国No1と言われるくらい、

県民はラーメン好きで、

もちろんラーメン屋さんも多いです。

激戦区でもあります。

   

まあ、

人それぞれ、一押しというのがあって、

基本的には山形県民にとっては昔ながらの醤油ラーメンが一番のようです。

  

私はもともと福岡の血が混ざっているからか、

豚骨系が好きでした。

  

特に若い頃は天下一品でしたね。

豚骨ではありませんが・・・

     

その後、

徐々にあっさり系に好みが変わり、

今では塩ラーメン派です。

   

ですから、

いわゆる醤油系の米沢ラーメンは、

お好みではなく、

喜んで食べに行くことはありません。

     

そんな醤油系典型的米沢ラーメンでも、

唯一、

   

好きですうっ

    

って言えるのが、

   

東部食堂のもやしそば

   

です。

というか、

今では天下一品を含め、

現存する全てのラーメンの中で

  

一番好き

  

かも知れません。

その理由を考えると、

たぶんですけど、

それは鍵と鍵穴の関係なのかも知れません。

    

かつて、

小学校の頃、

家で食べた出前のラーメン、

それが私にとっての原点ですね。

   

近所の 

ゆたか食堂 

  

の中華そばですけど、

そのラーメンがもちろん醤油系で、

その味が私の舌の鍵穴になっているのかも知れません。

     

もちろん、

味は違うのですが、

十数年前だったか、

初めて食べたときに、ここのスープがなんだか原点を思い出させてくれて、

しかも、

このモヤシのシャキシャキ感と、

豚肉の絶妙なコンビネーションで、

一発で一目惚れでした。

  

まるで、

家内が私に一目惚れしたような感じでしょうか。  

   

そんなことで、

普通は醤油系ラーメンは食べませんが、

東部食堂のもやしそばは別です。

     

大好きです。

家内が私を大好きなように。

   

まあ、

好みというのがありますから、

人それぞれですけど、

米沢に来られたら、

  

一度は召し上がっていただきたいですね。

 

   

ご賛同のクリックをお願いします。

             ↓

           

  

2020年2月 7日 (金)

野々村先生

  

Img_7533

  

さっき、

チコちゃんを見ていると、

なんと、

野々村先生が登場。

   

Img_7536 

    

お肌のしっとり感の専門家です。

   

Img_7538

 

そうです、

山形大学工学部の教授です。

     

もうちょっと放送が早ければ、

受験生増えたのにね。

    

Img_7542

   

野々村美宗先生は、

理工学研究科のバイオ化学工学専攻です。

    

Img_7544

  

今回は、しっとりについて。

 

Img_7548

  

うーん、

男性は女性ほど、 

このしっとり感には敏感ではないと思いますが、

野々村先生はしっとりにとても詳しそうですね。

    

 Img_7553

 

研究室では、  

お肌以外にどんなものが、

しっとりなのかを

機械で測定できるようです。 

   

Img_7557

  

すごいですね。

私なんか、手で触ってなんとなく感じるくらいで、

それを数値化できるなんて。

     

Img_7568

  

で、

何が最もしっとりかというと、

奥様、お嬢様からプレゼントされたお財布の表面だったという、

 

オチ

 

つき。

  

Img_7574

  

実は、 

米沢興譲館高校のイノベーター育成塾の高校生受け入れ研究室でもあり、

いつもたいへんお世話になっております。

    

その上、

奥様は英語教育で米沢でもとても有名な方で、

うちの娘がとてもお世話になって、

野々村先生と呼ばれてて、

これまで野々村教授のことを、野々村先生の旦那さんと呼んでたんですけど、

   

これで立場は逆転です。

山形大学工学部、

なかなか人材豊富です。  

  

   

ぜひこちらのクリックもお願いします。

             ↓

           

  

2020年2月 6日 (木)

トランベール

 

Img_7428

 

昨日の続きみたいですけど、

JR東のトランベール2月号。

 

Img_7436

  

米沢品質アワードの広告ページ。

 

Img_7432

 

もちろん、ベジアのプレミアム鷹山秘伝豆のジェラート

  

ネット販売もしてますので、

 

ぜひ!

 

こちらから↓

  アンデザート

  

ぜひこちらのクリックもお願いします。

             ↓

           

 

2020年2月 5日 (水)

挑戦と創造

   

Img_7498_20200205164701

     

週に一度は粉屋小太郎さんでソバをいただくのですが、

寒い冬の日は温かいものということで、

今日も、ニシンそばに生卵という特注ものを注文して、

いつものように山形新聞を読みました。

    

Img_7495

   

で、

目に入ったのがこの記事。

   

挑戦と創造の米沢品質

 

筆者は米沢市商工会議所の専務理事で米沢ブランド戦略会議会長の柴田正孝さんです。

写真を見る限りでは立派な方のようです。

 

このブランディング活動、 

2年ほど前から始まり、

ビデオ作成やら、

のぼりを立てたり、

そして、昨年は

  

米沢品質アワード

 

の認証があり、我々の山大ジェラートもアワードをいただきました。

この

  

挑戦と創造

 

という言葉。

実は大好きです。

   

挑戦しなければ新しいものは生み出せません。

しかし挑戦にはリスクも伴います。

だから挑戦して失敗するのが嫌で、

挑戦しない人たちがほとんどです。

  

けど、

一回きりの人生で、

自分がなんのためにこの世に生まれてきたのか、

神が与えたミッションはなんなのか、

それを確かめるには、

挑戦し続けるしかありません。

   

30年前に有機ELという当時では非常識な研究に挑戦し、

今は常温乾燥で新しい健康食品の開発とフードロスをなくすのに挑戦する。

  

還暦過ぎて、

なんでそんなことするのか、

たまに聞かれますけど、

  

きっと、

何かを成し遂げるまで、

挑戦し続けると思います。

 

ご支援よろしくお願いします。

      

    

こちらのクリックもお願いします。↓

              

   

2020年2月 4日 (火)

3年生

   

Img_7475

  

卒論、修論の季節ですが、

それらに先立って3年生のプロポーザルの発表会がありました。

  

これは、

後期から研究室に配属された3年生11人が、

実験の基礎を学び、専門の論文を読み、それぞれがこんな研究をしたいと発表して議論するプログラムです。

   

Img_7481

 

昔は研究室配属といえば4年生からですが、いつからか忘れましたけど3年の後期には配属になり修行を始めます。

   

今日の出来はといえば、

なかなかのもので、

パワポ作り、

発表態度、

その内容、

3年とは思えません。

  

他大学だと修論発表かと思われるかもしれませんね。

 

Img_7479

  

まあ、

うちの研究室は特別かもしれません。

 

なぜなら、

高校の時から城戸研に来たいと山形大を目指して受験勉強した学生が多くて、

この3年生たちも確か4〜5名は飛び級の資格を有するくらいの成績上位者たちです。

 

Img_7477_20200205113401

 

発表会の後は恒例(?)の

サプライズ(?)の誕生祝い会で、

学生たちが準備してくれたバースデーケーキをいただきました。

  

もちろん、

ケーキは城戸研御用達のシャトレー。

 

似顔絵も毎年上達されて少しずつ似て来たような気がします。

 

 Img_7484_20200205113401

 

幸先のいい、シーズン開幕です。

 

 

ご支援のクリックもお願いします。↓

              

  

2020年2月 3日 (月)

喫煙所か!

  

Img_7423

   

昨年末にキャンパス長(学部長)から教職員宛にメールが来ました。

 

米沢キャンパス全面禁煙の実施について

  

令和2年1月1日から敷地内全面禁煙です。

工学部キャンパス外の駐車場でも禁煙です。

  

遅いですね。

近隣の大学では数年前から大学構内は全面禁煙でした。

教育機関として当然です。

   

まあ、

私のようなタバコを吸わないものにとっては、

あの煙がうっとおしくて、

この世からタバコがなくなればいいと思ってるくらいですからね。

     

Img_7424  

    

しかしながら、

喫煙者にとっては、それが我慢できないらしくて、

どうにかして吸いたいらしくて、

裏門から出た「構外」は、

このとおり、

吸い殻だらけ。

  

学生なのか、

教職員なのか、

 

喫煙禁止の標識が立ってても御構いなしです。

 

学生だったら一発で停学、

教職員だったら一発で懲戒処分、

  

くらいのお知らせをメールで回すしかないんじゃないかと思います。

こういう不届きものがいるから喫煙者はさらに嫌われるんですよ。

  

  

こちらのご支援のクリックもお願いします。↓

                

   

2020年2月 2日 (日)

Good News

   

Img_7394

   

先週のこと、

オフィスで静かにオスカーピーターソンを聴きながら仕事をしていると、

研究室の千葉助教がアポなしでドアをノックしました。

    

こう言う時は、

子供が風邪引いたとか、

学生が装置を壊したとか、

研究費が足らないとか、

給料上げろとか、

何か良からぬことが多いのですが、

今回は違いました。

    

なんでも、

昨秋開催されたInternational Display Workshopでベスト論文賞をいただいたとのことでした。

その賞状と盾が届いたんですね。

ペロブスカイト量子ドットを発光材料に使用した有機EL素子の研究です。

  

いやあ、

嬉しいニュースです。

これでいくつ目の賞でしょうか。

     

何を隠そう、

彼は城戸研究室を学部で卒業後、修士、博士と順調に進学して、国プロジェクトの博士研究員を経て、助教になった生え抜きの教員です。

博士課程の時にはUCLAに留学もして英語もペラペラ(?)、

国際会議での招待講演も多くて、

今では世界中にネットワークを張り巡らしています。

    

まあ、

修士から博士に進学する際には、

内定をいただいてた某メーカーさんには迷惑をかけてしまいましたが、

彼としては博士に進学して大正解でした。

  

今では、

美人の奥さんと可愛い3人の子供がいる頼れる夫であり、父親でもあります。

    

これからも活躍しそうですので、

皆さんのご支援をいただければ有難いです。   

 

 

こちらのご支援のクリックもお願いします。↓

                

  

 

2020年2月 1日 (土)

23回目

  

Img_7399

   

今朝、娘からラインがきました。

   

結婚記念日おめでとう

   

覚えてたんですね。

やさしい子です。

   

そのあと、

 

花束が届きました。

 

結婚記念日おめでとう

 

これは優しい夫(ワタシ)からでした。

嬉し恥ずかし、23回目。

   

まあ、

私のような自己完結型完璧男子と

一緒に暮らすと言うのは大変だと思います。 

   

ありがたい話です。

    

今日は折り返し点か、

あと、23回ほど、

お付き合いいただきたいと思ってます。

   

  

ご支援のクリックをお願いします。↓

             

  

« 2020年1月 | トップページ