« 清真学園サイエンスキャンプ | トップページ | リニア »

2019年7月13日 (土)

上海

  

 

Img_3005

 

今日から上海です。

この都市には20数年前から来てますが、その発展ぶりや、今や東京を超える大都市です。

日本のマスコミは中国のことを面白おかしく悪く書きますが、一度見に来た方がいいです。

  

学術面でも、

中国では世界から超一流の科学者を集めてますが、なんの不自由もない環境で、高給をもらい、研究費も潤沢で、

誘われれば来ない理由がありません。

    

実際、

私の場合は、

自分自身を必要としてくれれば、どこへでも行きます。

   

山形はたぶん、まだ私を必要としてると信じてます。

  

けど、

もし、山形が、日本が、

私を必要としないなら、

次は中国でしょうね。

   

もし、地元の新聞が私の足を引っ張るような記事を書くなら、

玉虫色の記事を書くなら、

私は真剣に考えます。

 

    

それと、

国も、地方自治体も、政治家も、

もっと真剣に国のこと、地方のこと、

考えろよっ、って言いたいですね。

   

もうすぐ参議院議員の選挙ですけど、

単に票が欲しいだけ、耳障りのいいことを囁くだけの候補者には入れたくありません。

 

国のこと、それにも増して地方のこと、

真剣に取り組んでくれる人に

清き一票を投じます。

  

ぜひみなさんも選挙に行きましょう。

 

 

   

こちらもご支援の一票を↓
       
 

« 清真学園サイエンスキャンプ | トップページ | リニア »

コメント

城戸先生
突然コメントを書かせて頂きますが、私は地方の片田舎で制御エンジニアとして生計を立てている者です。
先生とは縁もゆかりもない者ですが、このサイトを見させて頂き気になりましたので、少し書かせて頂きます。

今月に入り韓国との間で輸出規制の問題がテレビやネットで盛んに報道されていますが、
その中で、この規制によって韓国で有機EL表示器が造れなくなると、日本への輸出ができなくなり、日本では有機ELテレビが作れなくなるとの報道もされていました。
えっ、有機EL表示器は日本では造れない? 
有機ELと言えば、山形大学の城戸先生だったはずと思い、先生の本サイトを見させて頂いたところ、なんと次のようなコメントが書かれているではありませんか。

>もし、山形が、日本が、
>私を必要としないなら、
>次は中国でしょうね。
>もし、地元の新聞が私の足を引っ張るような記事を書くなら、
>玉虫色の記事を書くなら、
>私は真剣に考えます。

先生らしくもない随分暗いお言葉ですね。

大昔ですが、私は、先生が書かれたご著書に次のようなことが書かれていたことを記憶しています。
「(自己発光できない)液晶はいくら品質が向上しても所詮有機ELには勝てません。素性が違います。」
時間はかかりましたが、現状は先生が言われる通りになったかと思います。
ところが、これほど注目されてきた有機ELにも関わらず、最近は有機ELと言えば、韓国製有機ELの方が圧倒的に注目されていて、日本製有機ELはほとんど聞かなくなりました。
少し前ですが、JDIから低価格有機ELの生産方式が確立したとの報道がありましたが、これも音沙汰ないどころか、会社自体が青息吐息ではありませんか。

話はそれますが、昨日、日本の探査機はやぶさが無事小惑星に再着陸に成功してそこの石コロを地球に持ち帰ることができるとの報道がされていました。
この技術は技術的にも本当に素晴らしいと思いますし、この石コロから宇宙の歴史が紐解ける(可能性を秘めている)ようですね。
この事業にどの程度の税金が投入されているのか私にはわかりませんが、かなりの税金が投入されているのは間違いないでしょう。
こんなことを言いますと身も蓋もありませんが、石コロはどう考えても石コロですよ(笑)。

ここにこれだけのお金を投入するのなら、日本の電気・電子業界自体を左右しかねない技術(有機EL)に、なぜもう少しお金をかけられなかったのか。
ディスプレイは日本のお家芸の技術だったはず。しかも有機ELは日本の発明だった(?)はずですよね。
そう思いながら、昨日先生のサイトを見させて頂いたら、先生のこのコメント。
一体何がまずかったのか。
どこでどう間違えてしまったのか。
返す返すも残念に思います。

でも先生、気を落とさずこれからも顔晴(がんばっ)て下さいよ。
陰ながら応援しています。
そして、有機ELに城戸(先生)あり、やっぱり有機ELは日本だ、を示して下さいよ。
ぜひお願いします。

投稿: watanabe | 2019年7月15日 (月) 09時54分

日本のディスプレイメーカーの経営者は、いわゆるサラリーマン社長で、大型投資をしたがりません。だから、サムスンやLGに負けました。
ですから拙著「有機ELにかけろ」で、3000億円を使わせてくれたら韓国勢に勝ってみせると宣言しました。けど、政治家や官僚は耳を傾けませんでした。
この国の大企業の経営者や政治家、官僚、まるでダメです。
民間で頑張るしかありません。
それと、地方の活性化も、誰かに頼るんじゃなく、県民、市民一人一人が地域活性化のために何ができるかを、考え、行動に移すことが必要です。そう言う意味では、マスコミも、人の足を引っ張るような悪意のある記事を書くよりも、地域を盛り上げるような建設的な記事を書いて欲しいと願っています。
有機ELに関しては、装置、部品、材料、日本はまだまだ強いです。これらで外国勢に負けないようにしなければなりません。ご支援よろしくお願いします。

投稿: | 2019年7月16日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清真学園サイエンスキャンプ | トップページ | リニア »