« 1980ドル | トップページ | 仲間 »

2019年2月22日 (金)

有機材料の頭脳都市

   
 
20190222
 
 
きょうは珍しく娘からラインが来て、
News Picksの記事に取り上げられているというようなことを連絡して来たので、チェックしたら本当でした。
 
そういえば、2〜3週間前だったか記者さんとカメラマンさんがオフィスに来られて、あれやこれやと2時間ほどインタビューに答えた記憶があります。
 
で、
この記事が自分でいうのも何ですが、
結構、ワクワク感ありの、プロフェッショナル感ありので、
さすが、一流の記者さんの文章は違うなあと感心しました。
 
実像は、
こんなすごい科学者ではありませんし、
写真のようなクールでセクシーなチョイ悪親父でもありません。
一言で言うと、
どこにでもいるポッチャリ型のオッサンです。
 
 
で、
この記事の中に、
米沢が帝人発祥の地であることが記載されてて、  
偶然ですけど、先日の卒業祝賀会に特別ゲストとして帝人の生みの親である秦逸三先生のお孫さんがいらして、お祝いの言葉をいただきました。
 
当時のエピソードを話された中に、
秦先生が講義も休講が多くて、レイヨンの研究ばかりしていたとか、
学部の研究費のほとんどを使っていたとか、
他の教員からあまりよよく思われてなかった、
 
なんて、
まるで、今の私じゃないか、
ととても親近感が湧きました。
 
 
まあ、
研究費に関しては自分で獲得した分を使ってるわけで、
その部分に関しては、人に恨まれる覚えはありませんが、
 
逆に、
嫉妬、やっかみ、
結構、影で足を引っ張られてます。
 
まあね、
そんなことにもめげず、
この30年間有機ELを信じて研究に没頭して来たわけですが、
今こうして秦先生と同列に並べられるなんて、
なんとも光栄に思います。
 
有機ELはまだまだ進化しますので、
私の言葉を信じて、
国にも支援いただきたいですし、
国内企業には、まだ手遅れじゃないんで、
同じベクトルの方向に突き進んで欲しいですね。
 
 
それから、
私の足を引っ張るようなことは、できればやめて欲しいと思います。
誰とは名前は出しませんが。   
 
 
 
 
ご支援の一票を↓
       

« 1980ドル | トップページ | 仲間 »