« 巻けるテレビ | トップページ | コミュニケーションウィンドウ »

2019年1月10日 (木)

たためるスマホ

  
 
液晶の時代が終わり有機ELの時代が始まりました。
昨日の巻けるテレビもそうですけど、
折りたためるスマホもそうです。
 
 
iPhoneやApple Watchのディスプレイは有機ELです。
厚みは100ミクロン程度でしょうか。
しかも樹脂基板なので曲がります。
 
どころか、
折り曲げられます。
サムスンが最も量産技術が進んでいて、実際に市場占有率が高いわけで、
折りたためる有機ELディスプレイも
まずGalaxyに搭載されそうです。
 
これは  
二つ折りできて、広げると倍の7.3インチの面積になるということで、
ちっちゃめのタブレットです。
他にも中国のメーカーが開発を進めています。
 
 
技術的な難しさは、
曲げる部分で、
 
たわませる、
丸める、
は簡単ですけど、
 
折る、
 
のは、
その折り目での劣化が早くて、
なかなか量産には踏み切れませんでした。
 
まあ、
その目処がついたんでしょうね。
 
 
ということで、
折りたたみスマホが、タブレットを駆逐するのは時間の問題で、
もし自分がプログラマーなら、
折りたたみスマホ用のアプリを開発しますね。
 
 
今や、
タブレットをパソコンがわりに使う人もいるくらいですから、
近い将来、
折りたたみスマホがノートパソコンの代わりにもなり、
もちろん財布機能も持つわけですから、
スマホなければ生活も仕事もできない世の中になるでしょう。
 
 
いやあ、
便利なのか、
不便なのか、
 
けど、
この流れは止められませんね。
 
 
 
 
 
              
まず2位を目指します。
ご支援の一票を↓
           
 
 
 


« 巻けるテレビ | トップページ | コミュニケーションウィンドウ »