« カルボナーラ | トップページ | 有機EL照明 »

2019年1月 7日 (月)

三洋電機

 
 


Photo



仕事始めということで、
有機ELの話に戻ります。


有機ELというと、三洋電機を忘れてはいけません。
今はもうありませんけどね。


2001年のCEATECでの三洋電機のブースは感動的でもありました。
でかいブースで、
有機ELを全面的に打ち出して、
間違いなく、有機ELディスプレイの技術では世界で一番進んでたと思います。

パイオニアと同じく、80年代の後半から大阪枚方の研究所で基礎研究から始め、
パネル化技術、
量産技術、

とにかく、

最先端を走ってました。


 
Sanyo3
 
 
2001年の段階でここまでデモできる会社でした。
実用化近しを感じさせましたね。
  
 
Sanyo2
 
 
 
この携帯も、
フィールドテストということで、
私もお借りして、約半年間使用させていただきました。
めっちゃカッコよかったです。
 
特に、
飲みに行って、
テーブルの上にこれ見よがしにおいておくと、
お店の人が、
 
 
この携帯かっこいいですねえ、
 
 
と声をかけてくれるのが嬉しかったです。

 
で、
2001年12月には
イーストマン・コダック社と有機EL生産会社(SKD)を合弁で設立しました。
また、製造装置に関してはアルバック が絡み、三洋、コダック、アルバックの最強トリオでした。
見た目は。
 
 
工場は三洋電機の岐阜工場。
枚方からも応援に行き、
低温ポリシリコンTFTを用いた有機ELディスプレイの生産を開始しました。
 
 
しかし、
2003年からデジタルカメラに搭載したものの、
歩留まりが低く、
数が作れないので、
 
確か、
オーストラリアとヨーロッパの地域限定販売でした。
 
 
Photo_2
  
 
実は、
この歩留まりの低さは、TFT基板の歩留まりというよりも、
むしろ有機EL部分の歩留まりの低さが原因でした。
 
 
Photo_3
 
 
 
真空蒸着で、シャドウマスクを用いてのRGBの塗り分け方式ですが、
まず、蒸着方式がダメでした。
後に、蒸着機を見ましたが、
あれじゃあ、まともなディスプレイはできないなあ、というような蒸着機でした。 
このダメダメ蒸着機は、後にある有機EL照明パネルメーカーに引き取られることになります。
 
しかも、
シャドウマスクの塗り分けも極めて高度な技術が必要で、
マスクの位置合わせ等に問題を抱えていたと考えられます。

 
 
しかし、
三洋電機がすごいのは、
トッキ製の蒸着機をあらたに導入し、
しかも、RGB塗り分け方式から、
白色カラーフィルター方式に変更したことです。
一気に装置もカラー化方式も見直す潔さが素晴らしいです。
 
これで歩留まりが上がり、
2006年にはデジタルビデオカメラ、ザクティにお搭載されることになりました。
 
 
 
Photo_4
 
 
日本のものづくり、
ここにありです。
 
この時に確信しましたね。

液晶の時代は終わった、と。

 
 

しかしです。

2005年に野中ともよ氏が会長兼CEOに就任し、赤字事業の見直しを開始。
そして、これまで赤字であった有機EL事業を2006年に解散
 
せっかく量産に成功したというのに、

これからという時に、
 
金の卵を産む鶏の首を絞めました。
 
 
三洋電機の終わりの始まりです。
 
 
当時、三洋電機の有機EL技術者が言ってました。
野中氏が工場見学に来た時に、有機ELの前で立ち止まり、サングラスを外してチラッと見て、
  
  
 
あら、綺麗わね。
 
 
 
と言って立ち去ったとか。
技術が理解できない経営者を持った不幸でしょうか。
 
 
技術で勝って、
ビジネスで負ける。
 
 
その典型でした。
野中氏も2007年に辞任されてます。
 
ご存知のように三洋電機は2011年にパナソニックの子会社となり、2013年にはSANYOブランドは終了しました。
三洋電機の研究、技術者の中には半島の会社に転職した人もいました。
 
こうやって技術は流出する、の典型でもあります。
 
 
もしあの時、
三洋電機が有機EL事業を続けてたら、
スマホ用の有機ELを量産し、
どれだけ売り上げていることか。 
 
「もし」とか「たら」は、ナンセンスですが、
平成の30年間、この国に新たなものづくり産業が生まれなかったのは、
技術がありながら、
それを活かせなかった経営者の責任が大きいと思います。
 
そんなことを繰り返さないために、
人材育成が急務だと思います。


 


 


          
もうすぐトップ3です。
ご支援の一票を↓
           
   








 







« カルボナーラ | トップページ | 有機EL照明 »