« 表彰状 | トップページ | Nature »

2018年4月24日 (火)

早稲田ふたたび

 

 

 

きょうは東京です。

早稲田大学に来ました。

ある学会での招待講演です。

 

何を隠そう、 

ここは母校で、

先月も応用物理学会で来ました。

 

そういえば、先週末のエッジネクストのプログラムも早稲田との共同プログラムでした。

 

何かのご縁なのか、お導きなのか。

 

なんだか、

早稲田が引き寄せているようです。

 

 

エッジネクストでの講義の際に学生たちに言いました。

早稲田と慶応の違いは、

早稲田は講義に出なくても卒業させてくれます(ウソです)。

だから、皆、社会勉強に一生懸命で、大学4年間でひとまわりもふたまわりも成長します。

 

ただ、

学問というものを独学しなければなりません。

 

実は、

このわたし、高校の時も授業中は寝ていて、

特に化学みたいな暗記科目は爆睡で、

試験前に独学でした(よい子はマネしちゃダメ)。

 

山形大学に助手として着任し、有機ELの研究を始めた時も、

もちろん独学です。

教科書なんてありませんから。

最先端科学はジャングルを切り開くように、独学するのです。

 

 

ベンチャーもそうです。

人のやってないビジネスを始める時、独学で立ち上げるのです。

これまで、なんでも独学の私にとっては慣れたもんです。  

 

 

だから、

ベンチャーをやろうという若者は、本来独学で経験を積むべきです。

アントレプレナー教育プログラムなんて時間の無駄で、

本屋に行って必要な知識を本から学べば、1週間でエキスパートになれるでしょう。

 

ジョッブスも、

ゲーツも、

ベンチャー起業家はMBAやMOT、その他のアントレプレナー教育なんて受けてないんです。

 

みんな独学です。

 

まあ、

それくらいやる気があるから成功まで導けるわけで、

人に教わって、

手を引いてもらってベンチャーやってみようかな、的な

低いモチベーションならやめた方がいいです。

 

そんなことを言いつつも、

山形大のエッジネクストプログラムは講師が面白い人たちなので、

聞く価値はありますよ。

 

オススメします。  

 

 
 
ご支援のクリックをよろしく↓
           
 
 
 

 

 

 

 


« 表彰状 | トップページ | Nature »