« 企業誘致 | トップページ | 奥田シェフ講演会@山形大 »

2017年11月15日 (水)

Great Professor

 
 
 
ニューヨークタイムズから、
 
 
 

Herb

 
 
 
 
今から約30年前のこと、
私はニューヨークはブルックリンの大学の博士課程の学生でした。
 
そのときの研究指導の副査の一人が、Herbert Morawetz教授。
高分子化学の大家です。
 
私の博士論文のディフェンスも午後3時に始まり終わったのが午後6時。
先生から多くの質問、コメントをいただきました。
その時流した冷汗は、きっと300mlを越えていたと思います。
 
 
 
Macromolecules誌のエディターを定年後もつづけられ、
その研究に対する姿勢、
教育者としての態度、
私の知る大学教授のなかで、
もっとも偉大な学者であり、あり続けられた、心から尊敬する教授です。
 
 
その先生がビレッジのご自宅で先日亡くなりました。
102歳でした。
 
 
ご冥福を心からお祈りいたします。
 
合掌
 
 
 
 


« 企業誘致 | トップページ | 奥田シェフ講演会@山形大 »