« 感情を持つAI | トップページ | 熱中先生 »

2017年4月 9日 (日)

新入生の皆さんへ

 
 
 

 
 
 
入学式も終わり、
新生活を始めた大学1年生の人たちへ。
 
 
今は、
不安、期待、ワクワク感、などなど、
入り混じった気持ちだと思います。
 
 
 
友達ができるかなあ、
とか、
授業についていけるかなあ、
とか、
 
特に一人暮らしが始まる人は、
自炊とか、洗濯とか、
大丈夫かなあ、
 
なんて、
心配されてるかも知れません。
 
けど、
こういうことは、
何とかなります。
 
 
 
実は、みんな友達ができるか不安です。
だから、
話しかけてみてください。
 
 
 
どこから来たの?
とか、
その服、かわいいね、
とか、
何、履修するの?
とか、
 
 
喜んで答えてくれますよ。
 
 
みんな、
声をかけてもらえることを
待ってますから。
 
 
 
講義にしても、
先生方は、あなた方の専門知識をのレベルを把握されてます。
きちっと、講義に出席して、
わからないことがあれば、
先生にアポを取って、聴きに行けば親切に教えてくれます。
大学受験を乗り切って入学した大学です。
講義にはついていけます。
 
 
 
一人暮らしの人たちも、
いざとなれば、
料理も洗濯も掃除もできるようになりますね、
私も経験者ですから。
 
 
特に、
食べ物に好き嫌いがある人も、
何でも食べるようになりますよ。
選択がないケースが増えれば、食べざるを得なくなりますからね。
 
 
 
 
で、
一番言いたいことは、
 
 
 
あなたの夢はなんですか?
人生の目標はなんですか?
ということ。
 
 
 
新しい生活が始まり、
今まで知らなかった世界を知ります。
楽しいこともたくさんあります。
 
 
 
たとえば、
部活動やサークル活動、
アルバイト。
 
今は勧誘の真っ盛りだと思います。
どこも楽しそうです。
 
 
 
入部する前に、
3分でいいです。
考えてください。
 
 
 
この大学に何をするために入学したのかということを。
 
 
 
部活動を目的に入学した人は、
とにかく頑張ってください。
 
インカレ、全日本、オリンピック、
を目指して。
 
特に、
卒業後にそれを生業にする人はね。
 
 
 
けど、
それ以外の人にとっては、部活やサークル活動は、
単なるレクレーションです。
 
同級生、先輩、
人の輪が広がります。
それはとてもいいことだと思います。
生涯の友人ができるかもしれません。
 
 
 
けど、
はっきり言ってお遊びです。
 
 
 
それに一生懸命になって、
単位を落として留年したり、
ぎりぎりで卒業したり、
 
 
 
それって、
受験の時に皆さんが、志していたことですか?
 
 
 
特に、
理工系で、
将来、大学院に進学する人たち、
 
 
 
研究室配属は、
たいていの場合、成績順です。
だから、成績の悪い人は、やりたい研究ができません。
もしかしたら、
研究業績が少ない先生の研究室に配属になるかもしれません。
 
 
 
さらに、
グローバル化の今、
外国に留学したい人は多いと思います。
 
たとえば、アメリカの大学院でも、
留学生の希望者は多くて、
 
特に、
中国やインドなどからは、
その国のトップクラスが申請してきます。
 
 
だから、
もしアメリカの大学院に進学したければ、
学部の成績は
 
 
 
オール優 
 
 
 
が、必要でしょう。
 
 
 
もし、あなたが、
所属する大学で、
部活やバイトを一生懸命やりながら、
しかも、オール優をとる自信があれば、
そんな秀才、天才であれば、 
 
 
 
部活やバイトに時間を費やしてもいいでしょう。 
 
 
 
そうでなければ、
まず勉学を第一に考えるべきです。
受験時のを思い出すべきです。
 
 
 
でないと、
3年後、4年後、
とてもとても後悔することになります。
 
 
 
最後に、
よくある留年するパターンを紹介しておきます。
 
 
 
その一は、
新興宗教です。
超楽しいサークルと称して勧誘し、
実は新興宗教でしたというケースが多いですね。
要注意です。
一度、入部すると足抜けできません。
 
 
 
それと、
塾の講師です。
真面目な学生ほど、
徐々に多くの授業を任され、
試験の採点も頼まれ、
講義に出席する時間がなくなり、
 
 
留年です。
 
 
これも、要注意ですね。
 
 
 
あとは、
先も述べましたが、勉学以外のことに夢中になるケースです。
 
 
 
もし、ちょっとでも自分の行動に疑問を持つことがあれば、
これでいいのかな、と、思うことがあれば、
 
なぜこの大学を目指したのか、初心を思い出すこと。
 
 
 
それと、
高い授業料や、生活費を仕送りしてくれてる両親やご家族のこと。
 
 
 
この二つだけでも、
心のどこかに抱きつづけて欲しいと思います。
 
 
 
あなたがたの人生は、これからの4年間で大きく変わりますから。
 
 
 
 

ご支援のクリックを↓

          
 
 
 


« 感情を持つAI | トップページ | 熱中先生 »