« サクラサク、満開! | トップページ | 超異業種交流 »

2017年3月11日 (土)

ご縁

 

 

 

こないだ、

出張先のホテルで夜遅くテレビをつけると、

井上八千代さん。

 

 

 

 

 

 

Wikiによると、

井上流(いのうえりゅう)は、日本舞踊における流派のひとつ。上方舞に分類され、京都で発展したことから「京舞」とも呼ばれる(京舞と呼ばれる分野には、他に篠塚流がある)。

 

 

 

 

 

 

ということで、

京の舞妓さん、芸妓さんの舞踊のお師匠さんで、人間国宝。

本名を観世三千子さんといい、お父様が能楽観世流の片山幽雪(九世片山九郎右衛門)さんで、夫が観世流能楽師の九世観世銕之丞さん。

 

 

 

それが、 

何を隠そう、私の実の妹の夫、分林道治が、観世流能楽師で、

若い時に、片山九郎右衛門さんの下で住み込んで修行をさせていただいた関係で、

彼にとっては井上八千代さんは母親のような存在。

 

 

 

そんな日本を代表する伝統芸能の頂点を極める人と、

実は、2013年に紫綬褒章を同時に受賞させていただきました。

 

 

 

ですから、

妹にとっては、

実の兄と、夫の恩人が、

紫綬褒章同時受賞ですから、

 

喜びも二倍どころか、二乗でした。  

 

 

 

で、

昨日のこと、

 

うちの娘が京都大工学部に合格しましたが、

妹の長女も、私の姪ですが、

 

京都大学文学部に合格しました。

 

もちろん、喜びは二乗です。   

 

 

 

伝統芸能と最先端科学、

不思議なご縁で結ばれています。

 

 

 

 

お祝いのクリックを↓

          

 

 

 


« サクラサク、満開! | トップページ | 超異業種交流 »