« サクラ三分咲き  | トップページ | 大丈夫 »

2017年2月23日 (木)

表彰

     
 
 
 
 
 
JKタクシーは東へ西へ。
今朝は、あと何回出動なのかなと考えつつ、高校まで。
 
そのあと、
オフィスで、打ち合わせや各種作戦会議の合間に学生二人がニコニコしながらやってきました。
   
よく見ると手には表彰状。
 
 
 
一人は学長表彰、もう一人は奨励表彰を受けてきたとか。
 
 
 
昨日といい、今日といい、うれしいニュースが続きます。
以下、写真左の大沼くんに関する笹部准教授の説明です。
 
 

M2 大沼夏樹君 (Natsuki Onuma) が山形大学学生表彰(学長表彰)を受けました!工学部からは5名の受賞です。授賞式は、2月22日、山形大学小白川キャンパスで行われました。夏樹、おめでとう!

 

【大沼君の活動詳細】
大沼君の研究成果をまとめた論文、「High Power Efficiency Blue-to-Green Organic Light-Emitting Devices using Isonicotinonitrile-based Fluorescent Emitters」がWileyのChemistry – An Asian Journal (IF: 4.592)に掲載された。この論文は内容が非常に高く評価され、Very Important Paper (VIP)として受理、フロントカバーとしても選出された。フロントカバーは3月15日にオンライン掲載される予定である。また、別途査読付き学術雑誌J. Mater. Chem. C (IF: 5.006) の計2報が掲載されたため。

 

 
 
 
 
 
 
そして、写真右の中尾くんに関しては、以下のとおり:
 
 
M1早坂裕哉君 (Yuya Hayasaka) と中尾晃平君 (Kohei Nakao) が山形大学奨励表彰を受けました!工学部からは6名の受賞です。授賞式は、2月22日、山形大学小白川キャンパスで行われました。早坂、中尾、おめでとう!
    
  
【早坂君の活動詳細】
早坂君の研究成果をまとめた論文が査読付き一流学術雑誌 Chemistry A European Journal (IF:5.771) に掲載された。論文内容が非常に優れていたため、Hot Paper に選出され、インサイドフロントカバーにも掲載された。また、別途査読付き学術雑誌に共著者として2報、計3報が掲載されたため。
   
【中尾君の活動詳細】
研究成果をまとめた論文が査読付き英語学術雑誌 Advanced Optical Materials (IF: 5.188) にファーストオーサーとして掲載された。論文内容が優れていたため、バックカバーとして採用、近日中に掲載予定である。また、別途査読付き学術雑誌に共著者として4報、計5報が掲載されたため。
   
HP: http://oled.yz.yamagata-u.ac.jp/view.cgi?p=275
    
 
     
 
 
 
もう一人の早坂くんは、日頃の行いがいいのか悪いのか、インフルエンザでダウンとのことでした。
 
 
 
実は、
表彰された他の研究室の学生さんたちも、とっても優秀です。
それで、よくよく考察すると、学生さんが優秀なだけではなくて、
指導教員の先生方がとっても熱心だということ。
それが共通点ですね。
 
教員が熱心というか、厳しいというか、研究が好きというか、
とにかく、熱いんです。
 
だから、そういう研究室には、やる気のある学生が集まり、
実験をいっぱいやって、成果を出して、表彰される。
 
という、構図が出来上がってます。
 
 
 
逆に、
やる気のないダメ教員の元には、落ちこぼれの学生が集まり、掃き溜めのようになり、
研究テーマも低レベルで、 決して表彰されるような研究成果を出すことはありません。
 
まあ、
やる気のない、とにかく卒業できればいいという学生にとっては、こういうやさしい教員の元で、何も言われずに、バイトでもやりながら適当に卒業できるのが、有り難いことなのでしょうが、それでは大学4年間で何も学ばずに卒業することになります。
 
学費の無駄、
時間の無駄、
ですね。  
 
学費や生活費を負担している親にとっては、これ以上の親不孝はありません。    
 
 
だから、
学生のためにも、そのご両親にとっても、厳しくて熱い研究室である必要があると思っています。そんな熱心な指導には、教員もエネルギーを消耗します。
 
 
そういう意味では、学生だけを表彰するんじゃなくて、その指導教員もなんらかの形で表彰なんてしていただくと、モチベーションが上がると思うのです。
特に若い教員の人たちを褒めてあげて欲しいですね。
 
そのへんのところいかがでしょうか、安田理事?
 
 
 
 
 

山形大学から日本を変えてみせます。

ご支援のクリックを↓

              
 
 


« サクラ三分咲き  | トップページ | 大丈夫 »