« 夢まど | トップページ | 米沢の定番 »

2017年2月 4日 (土)

興譲の精神と最先端科学

 
 
 

 
 
 
ということで、
娘がたいへんお世話になってる米沢興譲館高校。
 
 
昨年、130周年の祈念式典がありまして、
祝賀会で挨拶させていただきました。
 
 
実は、
この私もスーパーサイエンスハイスクール(SSH)プログラムのアドバイザリーとして協力させていただいており、
 
特に、
 
 
 
城戸淳二塾
 
 
 
を開催して、一部の生徒さんを個別に指導させていただいております。
 
 
 
今でも覚えてるのは、一期生。
最初に将来の夢を聞きました。
数学者志望が三人いました。
 
 
いいですね、高校生。
夢があって。
 
 
そこで、教えてあげました。
好きな数学で食べていくのは大変だよ。
他にも、いかに数学者が普通じゃないかを教えてあげました。
 
 
続けて、
聞きました。
 
 
じゃあ、どこの大学に行きたいの?
一人の生徒さんが答えて、
 
 
 
東北大。
 
 
 
で、
教えてあげました。
 
 
 
東大か京大に行きなさい。
 
 
 
その時、彼は2年生。
 
 
 
で、 今、
 
 
 
京大に通ってます。
 
 
 
そうです。
現役で京大に合格しました。
 
この田舎町で、塾にも通わず、高校の勉強だけで、現役です。
それが米沢興譲館高校です。 
 
 
先生方が熱いです。
熱心に生徒を指導してくれます。
しかも、勉強ばかりでなく、
文武両道。
根性もあります。
 
 
そんな高校のSSH担当の先生から、今日メールがありました。
城戸淳二塾の二人の生徒が、
山形サイエンスフォーラムで最優秀賞と優秀賞を受賞しました、と。
 
菅野友紀さん、最優秀賞おめでとう!
渡邉千紗さん、優秀賞おめでとう!
 
よく頑張りました。
 
二人は8月に石巻で開催される全国高等学校総合文化祭自然科学部門に山形代表として出場することになりました。
 
次は山形代表として思う存分実力を発揮してきてください。
 
 
 
こんなSSHプログラム、もっともっと続けて欲しいです。
私も手伝えと言われれば、いつまでもお手伝いさせていただきます。
 
 
米沢興譲館高校、
150年、200年と続いて欲しいと思います。
 
 
 
私はそんなに長生きできないけど。      
 
 
 
 
 
 
この国は米沢興譲館卒業生が元気にします!

ご支援のクリックを↓

            
 
 
 
 
 


« 夢まど | トップページ | 米沢の定番 »