« ブルーノート | トップページ | 山形大を選ぶ5つの理由 »

2017年1月15日 (日)

願書

 
 
 

 

 

きょう、センター試験が無事終わりました。

娘は手応えがあったらしく、ひとまず安心です。

明日、学校で答え合わせをするそうです。

 

このセンター試験、

大雪の日に開催することも含めて、

いろんな意見が出てますが、

私は個人的に、この試験は、

 

 

 

やめた方がいい

 

 

 

と思います。

この試験の二日間のために、どれだけの経済損失があるか、

どなたか、計算して欲しい。

 

国立大の入試そのものを、以前のように一期校と二期校に分類して、別の日に実施して欲しい。

そうすれば、国立大を二度受験できるし、

地方大学にも個性的な学生を集めることができます。

いまの入試制度は、

とにかく、

 

 

 

 

 

 

最悪です。

 

 

 

 

で、

次は私学の受験ということで、何十年かぶりに大学受験申し込みの手続きをしました。

以前は、確か封筒に入っている願書書類一式を取り寄せて、必要事項を記入して、郵便局とか銀行で受験料を振り込んだりして、けっこう面倒だったのを覚えてます。

 

 

それが今や、ネット。

当然かもしれませんが、ちょっとびっくりです。

 

 

大学の入試サイトで必要事項を入力し、行きたい学科をクリックして、証明写真もスマホの写真をデジタルで入力して(慶応大学の場合)、クレジットカードで受験料を支払って、

それをプリントアウトして、調査書といっしょに大学に送る。

 

いやあ、楽々。

アマゾンで買い物してる感覚。  

 

ちなみに、受験料、

早稲田、慶応はそれぞれ35000円。

 

 

ええ商売ですね。

 

 

他の大学もそうなんでしょうか。  

旅費も考えると受験にはお金がかかります。

親は大変です。

娘はすでに一人で東京に行けるのを楽しみにしています。

 

 

で、

そのクレジットカード支払い。

 

 

早稲田の入試なんで、Waseda Cardで支払ったら一割引かと思ったらそうでもなくて、まあ、ちょっとくらいなら点数低くても合格させてくれるかも知れないとの甘い期待で番号入力。

 

けど、慶応の場合は逆に点数引かれたりするのかもしれないなあと思いながら手続きしました。

慶応の入試担当者の皆様、そんなことないですよね。

 

 

 

さあ、予選は終わりました。

これから決勝戦の始まりです。

 

 

 

 

 
 
さあ、この国を地方から元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

               
 

 

 


« ブルーノート | トップページ | 山形大を選ぶ5つの理由 »