« ご縁 | トップページ | 困ったちゃん »

2017年1月19日 (木)

伝統芸能と最先端科学

 
 
 
 
 
 
最近、山形県でも日本海側に位置する鶴岡市によく行く機会があります。
 
きっかけは、
社長を務めるナチュラルプロセスファクトリー(株)の最先端乾燥技術を使って、鶴岡の木村屋さんがだだ茶豆のお菓子を開発して売り出され、それがバカ売れしていて、その開発の時から関わっているからです。
 
それと、
山形大学工学部の教授で遊び仲間の高橋幸司先生が鶴岡高専の校長として転出され、講演会などで呼んでいただく機会が増えたからです。
 
それから、
鶴岡には山形大学農学部があって、今後、農工連携で食品開発の共同研究を開始するからです。
 
しかも、
鶴岡の加茂水産高校とも水産物の加工に関する共同研究がスタートするかもしれません。
 
今週も、
鶴岡市役所を訪問して、榎本市長、山本副市長さんらと面談して、今後の私たちの鶴岡での活動に対するご支援をお願いしました。
 
 
そんなわけで、
鶴岡とは親密な関係になりつつあって、これからもちょくちょく出かけます。
 
 
 
ご存知のように、鶴岡には慶応大学の富田教授率いる先端研があって、バイオ関連の研究では世界の最先端を突っ走っておられます。
ベンチャーも数社生まれて、元気いっぱいですね。
 
そこにモノづくりで、山形工学部の最先端科学技術がプラスされれば、さらに活気ある街になるでしょう。
 
 
 
そんな最先端の街、鶴岡ですが実は伝統的な文化や施設がたくさん残っています。
 
その一つが能楽です。
 
 
 
 
 
 
奈良や京都から離れたこの地で能楽ですよ。
いわゆる五流のどこにも属さず、春日神社の氏子が守り続けた国内でも唯一の能楽です。
何を隠そう、私の義理の弟は京都の観世流の能楽師です。
身内で伝統芸能と最先端科学が同居しています。
 
そんな黒川能、
一度、拝見したいと思うのですが、なかなか機会がありませんでした。
ぜひ、来年は見てみたいと思います。
 
鶴岡っていうところ、
行ってみると面白いですよ。
 
 
 
 
 
 
さあ、この国を地方から元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

              
 
 


« ご縁 | トップページ | 困ったちゃん »