« 雪 | トップページ | 秘書 »

2017年1月12日 (木)

新詳日本史

 

 

 
 
 
センター試験が今週末に実施されます。
 
うちの娘にとっては初めての受験で、なんやらソワソワしています。
受験科目の中でも日本史が苦手らしく、最近ではご飯の時でも日本史の教科書、参考書を手放しません。
昨夜も蘇我馬子(そがのうまこ)が夢に出てきたそうです。
 
そこで、いつも日本史のツボを教えてあげます。
 
 
 
たとえば、先週末の夕食の時、
 
 
 
ワタシ 「いい国つくろう鎌倉幕府、知ってるか?」
 
ムスメ 「ちがうよ、パパ。1185年だよ。」
 
ワタシ「なんやそれ、いつからの話や。 聞いてないぞ。だいたいそんな細かいこと気にせんでええ。時代の背景さえ覚えといたらええねん。」
 
ムスメ 「・・・ 」
 
 
 
ワタシ「仁徳天皇陵知ってるか?」
 
ムスメ 「知らない。」
 
ワタシ 「そりゃあかんわ、0点や。大阪の堺にあるでっかい古墳や。前方後円墳って言うんやで。」
 
ムスメ 「パパ、それって大仙陵古墳っていうんだよ。」
 
ワタシ 「なんやそれ、いつからの話や。仁徳天皇陵でも正解やから。細かいこと気にせんでええ。 」
 
ムスメ 「・・・ 」
 
 
 
ワタシ 「夏目漱石の代表作は?」
 
ムスメ 「吾輩は猫である。」
 
ワタシ 「それと?」
 
ムスメ 「坊っちゃん。」
 
ワタシ 「それと?」
 
ムスメ 「う〜ん。」
 
ワタシ 「お嬢ちゃん、や。」
 
ムスメ 「ええ、ほんと〜?」
 
ワタシ 「あんなあ、漱石が坊っちゃんが売れたんで、悪のりして続編として書いたんや。売れへんかったから、みんな知らんねん。覚えとき。」
 
ムスメ 「・・・ 」
 
 
 
 
 
日本史、大丈夫かなあ。
 
 
 
 
 
注) よい子の皆さん、漱石は「お嬢ちゃん」なんて小説書いてませんからね。
 
 
 
さあ、この国を地方から元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

               
 
 
 


« 雪 | トップページ | 秘書 »