« 近畿大 | トップページ | パデュー大学 »

2017年1月 8日 (日)

未来の家

  
     

ここのところ、有機EL大型テレビが注目されてます。

有機ELは画質が究極の美しさで、しかも薄くて、それに大きくできるし、価格も液晶より安くなるしということで、いいことづくめなんだけど、それは少し先の話。

 

いまは、まだ液晶よりちょっと高くて、大きさも60〜70インチ程度と従来の液晶と同じ。

 

けど、いま、山形大のCenter of Innovation (COI)プロジェクトで開発してるのは、120インチの壁紙有機ELディスプレイ、しかも印刷で製造できるので価格はいまの60インチ並みか、それ以下。

ホントの究極ですね。 

 

で、
 
 
そんな壁紙がお家にあると、何ができるのか、いまから体験して考えましょう、というのが山形大学スマート未来ハウス。
      
 
 
 
 
 
自宅リビングに大学の教室が現れて、学生が映る。

それに向かって講義する。

山形にいながら、東京の大学で講義をする。
山形にいながら、東京の大学の講義を聴く。

まあ、いろいろ仕事に使えますね。

 
 
外は大雪の米沢にいても、
大きな窓の向こうにはカリフォルニアの海。
癒し空間にもなります。
 
 
  

 
 
 
そして、
安心、安全、美味しい野菜は自宅ダイングルームで。
     
  

 
 
 
そんな近未来をぜひ体験しに来てください。
近大じゃなく、
山大です。
 
 
冬季の間は休館なので、
また来春。
 
 
 
 
 
 
 
さあ、この国を地方から元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

               
 
 


« 近畿大 | トップページ | パデュー大学 »