« コニカミノルタパイオニアOLED | トップページ | コニカミノルタパイオニア:まとめ »

2017年1月31日 (火)

三菱化学の有機EL

 
     
 
本日、こっそりと三菱化学からこんな発表がありました。 
 
 
 

有機EL照明事業における業務提携解消のお知らせ

 

三菱化学株式会社  パイオニア株式会社

 

三菱化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:石塚 博昭、以下「三菱化学」)とパ イオニア株式会社(本社:東京都文京区、社長:小谷 進、以下「パイオニア」)は、有機 EL照明事業における業務提携を解消したことをお知らせいたします。

 

三菱化学とパイオニアは、有機EL照明パネルの共同開発において、塗布型パネルの量産出 荷という一定の成果に達したことを踏まえ、業務提携を発展的に解消することとしました。 今後両社は、有機EL事業においてそれぞれの強みを活かせる分野に注力し、ビジネスを拡大 してまいります。

 

ということで、MPOLは解消です。

 

ということは、三菱化学は有機ELパネル事業から撤退ということです。

三菱化学が今後有機EL照明で自社工場を建てることはありません。

これははっきり言えますね。

(うすうす感じてましたけど)

 

だから、コニカミノルタとパイオニアの協業が成り立ったわけです。

これですべての疑問が解消しました。

ある意味、パイオニアにとっては、

 

 

 

捨てる神あれば拾う神あり

 

 

 

とてもよかったと思います。

 

 

 

 

 
 
さあ、この国を有機ELで元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

              
 
 
 


« コニカミノルタパイオニアOLED | トップページ | コニカミノルタパイオニア:まとめ »