« 花火 | トップページ | 国語 »

2014年9月 8日 (月)

講演会

   
 
Photo
 
 
前回のアップが7月31日だったので、まるまる1ヶ月以上もご無沙汰してしまいました。
スマン、スマン。
 
ここのところ、フェースブックにはこまめに写真なんかをアップしてるんですけど、やっぱり夜の会食時にアルコールを摂取するとどうも眠くなってしまうんですね。
 
 
で、
講演会。
 
先週の金曜日に米沢で田母神敏雄氏の講演会がありました。
米沢法人会青年部の設立20周年記念ということです。
 
元自衛隊の航空幕僚長で、「私の国防論〜座して平和は守れず〜」という演題で、どんなに過激な講演かと期待していたら、
 
 
 
とても過激でした。
 
 
 
現代社会のおバカさんたちをぶった切り。
いやあ、これだけ言えたら気持ちいいだろうなあと、日頃、人の目を気にして、言いたいことも言えない管理人、うらやましく思った次第です。 
今度、政党を立ち上げて政界に進出されるそうで、 妙に期待してしまいます。 
 
 
で、
土曜日。
 
またまた講演会。
これは、娘の通う興譲館高校で保護者向けに開かれました。
講師は某県の某公立高校の某校長先生で、ここで講演することをネットで流されては県の教育委員会におしかりを受けるということなので、ここではお名前を出せないんですけどね。
 
「親として子供を成長させる10の条件」という演題で、ご自身の体験を中心に約1時間半の熱弁。
 
まあ、
教育に関わる同業者、しかも同じような内容で講演する立場の人間として拝聴したもんで、なるほどなるほど、こうやって掴んで、こうやって説得して、こうやって涙も頂戴して、と穿った見方をしてしまったけど、先生の熱心さは保護者に伝わったんじゃないかと思う。
少なくともうちの家内は感動してましたね。
 
実は、講演後の質疑の時間に手を挙げて管理人が質問。
 
「ここにいる保護者は子育てに熱心で問題ないと思うんですけど、先生の話しを聞かなければならないのは、実はこの会場に来てない保護者なんではないでしょうか。先生は、メッセージをどうやって伝えるのでしょうか?」なんて内容のことを質問したら、先生は、手元に配った講演資料を参加してない保護者にも配ってもらいます。また、生徒と話をします。などとお答えになられた。
 
う〜ん、子供の教育に感心ない親は、プリントもらっても読まないと思うんですけどね。
 
それに、本来、先生が講演すべき相手は、こういう進学校の生徒や熱心な親相手じゃなくて、もっと、やんちゃな生徒の多い高校で、世捨て人的な生徒や、しかも親がPTA活動に興味を持たない無関心な親じゃないかと思ったりするわけです。
 
自分自身、アウトリーチ活動をする中で、やっぱり熱心な子供に話しをするのは簡単だけど、そうじゃない子供たちの目を開かせることこそ、もっとも重要で、かつ難しいことじゃないかと思っていた今日この頃でした。
 
 
 
 

クリックは忘れずに↓

           

 

« 花火 | トップページ | 国語 »