« MRS | トップページ | パナソニックの有機EL »

2014年5月13日 (火)

ソニーの有機EL

  
日経新聞より:
 

ソニー、有機ELテレビの開発凍結 4Kに経営資源集中

2014/5/13 2:00

 

ソニーは次世代の高画質テレビとして有望視されてきた有機ELテレビの商品化に向けた開発を当面凍結する。2013年末にパナソニックとの共同開発を解消、独自で家庭向けの開発を進めていたが、当面需要が本格的に立ち上がらないと判断した。世界1位のシェアを持つ高精細の4K液晶テレビに経営資源を集中する。人件費削減なども進めテレビ事業の収益立て直しを急ぐ。

有機ELはホタルのように自発光する有機材料を使うことで鮮明でスポーツなど動きが多い映像でもちらつかない特徴を持つ。パナソニックとの共同開発を解消、今年から独自に開発を進めてきたが、家庭向けの有機ELテレビでは韓国のLG電子やサムスン電子に先行されていた。有機ELを開発してきた厚木テクノロジーセンター(神奈川県厚木市)などの人員は4K関連製品などの開発に振り向ける。

4Kテレビでは13年の出荷金額で2割強のシェアを握る。ブランド力を発揮できると判断、4Kテレビに集中する。今夏に前期の2倍以上となる8機種の4Kテレビを発売、今期の販売台数を前期の4倍に引き上げる計画。薄型テレビの大型機種のうち4Kの比率を前期の1~2割から4~5割まで高める。4Kテレビは通常の液晶テレビよりも単価が10万円以上高いため、収益改善につながる見通し。

コスト削減も加速する。7月1日付でテレビ事業を分社して収益管理を徹底。テレビを中心とする家電販売の人件費を2割以上削減する。販売数量を追う戦略から収益重視に切り替え、15年3月期にはテレビ事業で11年ぶりの黒字転換を実現する体制を整える。

 

・・・・・

 

あらあら、という感じ。

サムスンが凍結でソニーも凍結。

だめですね、大企業というのは。

 

なぜ、大型有機ELテレビが実用化困難かというと、単純な話しで、

・有機EL用のTFT基板の製造

・有機ELの成膜 

の二点です。

 

決して材料がないわけでも、材料の値段が高いわけでもありません。

単にプロセスの問題です。

たとえば、大型TFT基板も従来のLTPSではプロセス上大型化は困難、

IGZOでは不安定。

有機ELも、従来のマスク蒸着は大型化は困難、

インクジェットは塗布型材料が性能がいまいち。

 

ということで、これらの問題をいかに解決するかが重要なのであって、

「当面需要が本格的に立ち上がらない」のを理由に開発を凍結って、戦略のあるテレビメーカーであればあり得ない話し。

4K液晶で儲かっている間に、次世代有機ELテレビを開発し、他社より先に市場に投入するのが王道であって、サムスンのような競合他社に追随するなんてもってのほかと思うんですけど。

実は、うちでは装置メーカーと新規な大型基板向けLTPS製造方法を開発中だし、材料に関してもとっくの昔に内部量子効率100%を実現し、今は理論上限を超える駆動電圧の低電圧化にも成功してるし、白色有機ELの量産はルミオテックで実証済みだし、

すなわち、 大型有機ELディスプレイの量産技術は山形にあるわけです。

 

そういう業界の最新情報がサムスンやソニーのトップがご存知ないのは、やる気以外に情報収集力にも問題があるのかもしれない。

 

まあ、極めて近い将来に大型有機ELテレビはサムスン、ソニー、以外の会社から本格的に市場に投入されますよ。

お楽しみに。

 

 

 

応援のクリックを↓

           

 

 

 

« MRS | トップページ | パナソニックの有機EL »