« 有機EL橋 | トップページ | 鴻海とシャープ »

2013年11月20日 (水)

篠田さんの無念

 
 
まあ、読んでください。
 
 
神戸新聞より:

 

篠田プラズマが事業停止 資金繰り悪化で

 

プラズマディスプレーの開発型ベンチャー、篠田プラズマ(神戸市中央区、篠田傳会長兼社長)は19日、ディスプレー産業の不振などに伴う資金繰りの悪化で事業停止したと発表した。負債総額は約10億6千万円。同日付で全従業員30人を解雇し、金融機関や取引先への支払いを停止した。今後、事業再建を支援するスポンサーを探す。

同社は、富士通研究所勤務時代にプラズマテレビ技術をリードした篠田氏(65)が中心となって2005年に設立した。資本金約4億7800万円。軽くて曲げることができる独自のフィルム型ディスプレーの事業化を目指し、兵庫県も補助金や投資ファンドを通じて支援していた。

帝国データバンク神戸支店(神戸市中央区)によると、11年3月期の売上高はピークの約2億8900万円だったが、研究開発費などがかさみ大幅な赤字を計上。13年3月期は売上高が約1700万円まで落ち込み、約2億8400万円の純損失を計上した。

篠田氏や弁護士によると、生産効率化のため工場の拡張計画を進めていたが、独立行政法人中小企業基盤整備機構の債務保証が認められず金融機関の融資が受けられなかった。政府系ファンドの産業革新機構からの投資も認められなかった。

篠田氏は「私の力が及ばなかった。技術を理解してくれるスポンサーを探し、再生を目指したい」と述べた。(松井 元)

井戸敏三県知事の話 資金繰りに苦労されていたことは前々から知っていたが、(事業停止は)非常に残念だ。技術力そのものは世界最先端。続けられることを期待したい。

・・

篠田さんを個人的に存じ上げ、技術者として尊敬していただけに残念。

初めてこのディスプレイを見たとき、その原理を聞いたとき、

すごい、

と思った。

 

けど、

ディスプレイとして、液晶に勝てるか?

光源として、LEDに勝てるか?

とも思った。

 

今の時代、究極しか残れない。

液晶に勝ち、LEDにも勝てるのは、

有機ELだけ。  

 

 

クリックは忘れずに↓
           
 

 



« 有機EL橋 | トップページ | 鴻海とシャープ »