« 人材育成 | トップページ | 写真 »

2012年1月19日 (木)

秋入学

 
 
毎日jpより:
 
 
東大:秋入学に移行へ 「国際化」加速求める中間報告
  
入学時期の見直しを検討してきた東京大の懇談会(座長、清水孝雄理事・副学長)が、学部の春入学を廃止し、秋入学への全面移行を求める中間報告をまとめたことが18日、分かった。入試は現行のまま春に行う。入学時期を国際標準に合わせ、大学のグローバル化を加速させる狙い。中間報告は20日に公表する予定。学内で意見を募り、今年度中に最終報告をまとめる予定だが、慎重論もあり、東大は学内手続きを踏んで秋入学を実現させるとすれば、5年後がめどとしている。
 
中間報告は、秋入学を採用する国が世界全体の約7割、欧米では約8割を占めており、4月入学を基本とした現行の教育システムについて「特異な状態。学生と教員の国際交流を制約する要素の一つ」と指摘。秋入学の最大のメリットとして、学生と教員の国際流動性を高め、留学を促進する効果を掲げた。
 
秋入学を実施した場合は、(1)9月入学・1学期(9~12月)・2学期(3~6月)(2)9月入学・1学期(9~12月)・2学期(2~5月)(3)10月入学・1学期(10~1月)・2学期(4~7月)(4)10月入学・1学期(10~1月)・2学期(3~6月)--の4パターンを例示。入学前と卒業後に生じるすき間の期間「ギャップターム」では、「受験競争の中で染みついた点数至上の意識・価値観をリセットする」として、ボランティアや海外学習による体験活動を推奨している。これに伴い、合格から卒業までの一般的な期間は4年半~5年になる。
 
一方、秋入学のデメリットについても、入試から卒業までの期間延長に伴う家計負担の増大、就職の遅れ、官公庁や企業の人材確保の困難などを挙げた。
 
秋入学を導入済みの大学院段階は、春秋入学の複線化が進んでいるため、秋入学の全面移行は「より慎重な検討を要する」との考えを示した。
 
東大の浜田純一学長は「タフな東大生の育成」「グローバル・キャンパスの形成」などを重点課題に掲げた将来構想を10年に策定し、昨年4月に入学時期の在り方について懇談会を設置した。【木村健二】
 
・・・・・・
 
いやはや、なんとまあ、
  
秋入学の最大のメリットが、「学生と教員の国際流動性を高め、留学を促進する効果」とあるけど、これって、おかしくない?
 
まず、学生の流動性って何?
日本人の学生が、もっと海外に出るようになるってこと?
外国の学生がもっと日本に来るってこと?
 
今の日本人学生が外国に行かないのは、国内でいることが楽だから。
ハングリー精神がないから。
チャレンジング精神がないから。
ヘタレやから。
 
外国人学生が日本に来ないのは、日本の大学に魅力がないから。
日本の大学の設備が外国に対して貧弱だから。
日本の大学の教員に国際性が乏しいから。
などなど。
 
同じ理由は教員にも言える。
外国人が英語で申請書を書いて研究費がどれだけ取れますか?
日本語より圧倒的に少ないです。
  
とにかく、東洋のこのガラパゴスのような島国には、
特に経済大国じゃなくなった今、
 
「魅力」
  
がないんですよ。  
それを「入学時期のずれ」のせいにしちゃいけません。
 
 
根本的に、魅力のある国づくり、来てみたい大学作りをするのが一番。
それには何がかけてるのか、よ〜く考えていただきたい。
研究予算、設備、建物、とにかく現状では東大にばっかり予算が付き、その残りが旧帝大へ。
数ある地方大学を置き去りにするこんな行政に、魅力ある大学を作れるとは思わない。
魅了のある国づくりができるとは思わない。
 
外国から人がやって来るとは思えない。
 
  
結論として、
結局は東大だけで済まなくなるんだから、全国の小、中、高校、大学、すべての学校を秋入学にする途方もない労力、経費を、もっと別の方に使うのがよろしいかと思います。
産業界も大学も、なんかピントがずれてるんじゃないかなあ。

 
 
 
 
 
ブログランキング2位がすぐ目の前です。 
応援のクリックを↓ 

      
 


 
   

« 人材育成 | トップページ | 写真 »