« うれしい来客 | トップページ | トップ »

2011年6月28日 (火)

講演会

 
  
1
 
 
きょうは筑波日帰り旅行。
って言っても出張だけど。
 
朝、米沢発9:40のつばさに乗って、帰りは最終で到着が11時過ぎ。
うちに着いたら、中一の娘がまだ起きていて、その母親に早く寝なさいと叱られていた。
 
 
で、出張の目的は講演会。
筑波研究学園都市交流協議会という聞き慣れない団体の総会のあとの講演会と言う事で軽く引き受けて「有機EL開発の産学官連携と将来展望」という演題で1時間半ほど好き勝手にしゃべりまくった。
 
  
で、懇親会。
参加者と名刺交換。
 
で、驚いた。
 
 
茨城県の上月副知事、
つくば市の市原市長、
筑波大学の山田学長、
物質・材料研究機構の岩瀬理事、
国土地理院の岡本院長、
国土交通省国土技術政策総合研究所の西川所長、
文科省基礎研究振興課の内丸課長、
宇宙航空研究開発機構JAXAの大嶋参与、
他にも、産総研の方々、や文科省の方々、などなど、なんだか落ち着いたオジサンたちが聴衆なんだなあと思っていたら、とても偉い人達の集まりだったと言う事をその時知った。
つくばには国研ばかりじゃなくて、企業の研究所もたくさんあって、保土谷化学の岡田所長やクラレの津軽所長とも名刺交換させていただいた。
 
 
文科省の内丸課長は、うちの小田教授や結城学長が文科省時代にいっしょに仕事をしたことがあるとおっしゃったんだけど、小田教授の下だとさぞかし大変だっただろうなあ、と思った。
 
茨城県副知事の上月さんは、関西ご出身で、とても切れ者で、やる気があって、ぜひとも山形県知事か米沢市長に立候補いただきたいと思った。
 
クラレの津軽所長は、他のクラレの人達となんだか雰囲気が似ていて、クラレと言う会社の雰囲気はこうなんだなあと確信しつつ、コミヤさんや、倉敷のフジタさんを思い出した。
まあ、フジタさんはカンフーパンダのポーに似てるけど。
 
 
そんなことで、内容のとても濃い講演会後の懇親会だった訳で、暑い中、つくばまで出かけていってよかったと思った。
 
 
帰りのつくば駅の売店では、立派なブルーベリーがおいてあったので二パック1100円也を買い求めた。
うちの家内はフルーツ好きなので、きっと喜ぶと思ったら、やっぱりその大きさに目を丸くして感謝しているようだった。
でも、そんなときだけの様な気がするなあ、感謝されるのは。 
  
 
 
 

がんばれ東北、でクリック↓
              
 


« うれしい来客 | トップページ | トップ »