« 後藤社長 | トップページ | 地方活性化 »

2008年4月22日 (火)

液晶ワンセグ vs 有機ELワンセグ

 
 
注文していたソニーの液晶ワンセグテレビが生協から届いた。
これは、一人のユーザーとしてその画質を公平な立場で比べてみたいからだ(どこがや)。
   
左がソニーのブラビア液晶で右がコダックの有機EL。
どちらも3インチで画面サイズは同じ。
けど、有機ELは圧倒的に薄い。
  
 
Photo
 
 
さて、画質の比較。 
 
実際に見てみると、液晶は正面から見ると悪くないんだけど、少しでも傾けるといきなりコントラスト比が低下して白っぽくなる。
正面からでもクロの沈み込みがなくて有機ELと比べると階調表現が劣る。
あと、いかにもきれいに絵を作っていると言う画質が不自然。
 
だから、全体的に液晶を見てるって感じで安っぽくて、「ブラビア」を名乗って高画質を強調するのはよした方がいいと思う。
デザインに金をかけてるだけに惜しい。
 
その点、クロがきれいし、有機ELは角度を変えても自然な見え方で、テレビを見てるって感じで違和感がまったくない。
ただし、デザイン的には少々安っぽい感じがするのが惜しいところ。
 
結論として、
デザインや機能はソニーにして、厚みと表示部をコダックにすれば完璧になる。
 
 
天はニ物を与えずか…。
 
 
 
 
 
 
 
ご支援の、ポチッ↓
     人気blogランキングへ
 
 
 
 

« 後藤社長 | トップページ | 地方活性化 »