« 花見 | トップページ | 子育て »

2008年4月26日 (土)

春の京都

 
 
昨夜は京都の「たん熊北店」でアイサプライの増田さんと会食した。
 
大兄とは数年前に講演会で名刺交換してからずいぶんと御指導いただいてる。
山形大の客員教授もお願いしていて、テレビ業界のこととか、会社での生き方とか、学生が日頃聞けない話をしていただいてるのだ。
 
カウンターで店長と四方山話をしながらの京料理は季節感あふれるだけじゃなく、新鮮な素材と絶妙の味付けが味蕾を刺激してくれる。
 
一部をご紹介。
 
 
(写真)カウンターです。京都らしい飾り付けで落ち着いております。
Photo_2
 
 
(写真)まずは、「そら豆」でビール。
Photo
 
 
(写真)ブドウエビは甘いし、淡路産のウニは甘いし、口の中でとろけました。
Photo_6
 
 
(写真)旬の朝掘りのタケノコ。京都やねえ。
Photo_5
 
 
(写真)出始めた賀茂茄子もこのとおり田楽で。気品を感じる程のお味噌との組み合わせが絶品です。
Photo_8
 
 
(写真)たぶん琵琶湖産の小鮎。ほろ苦さが何とも言えません。
Photo_7
 
 
(写真)このアナゴは生きたのを調理したとかで表面の香ばしさと身の柔らかさがこの世のものとは思えませんでした。
Photo_3
 
 
 
ここのカウンターは小さくて、8人も座れば満席なんだけど、昨日も他の4人連れが季節の料理を楽しんでた。
その一人が有名なある会社の社長さんだと増田大兄が教えてくれたので、帰られる時に「山形大の城戸です。お世話になっております。」と挨拶したら、「城戸先生ですか」と初対面だったんだけど先方も気づいてくれて、両手で握手をしてくださった。
  
単純にうれしかった。
 
こんな有名なひとに顔を知られてるとは、驚きだし、だいたい一つのカウンターで同席させていただいたこと自体が、普通だったら確率的にはほとんどゼロに近い。
 
さすが、大兄、行きつけのお店が一流なんだなと感心した夜だった。
 
 
皆様も是非一度。 
 
 
 
 
 
 
 
 
週末もアクセス有り難うございます。ついでに、ポチッ↓
                 人気blogランキングへ
 
 
 
 

« 花見 | トップページ | 子育て »