« 名古屋 | トップページ | コダックの有機ELテレビ »

2008年4月12日 (土)

宮田のケンちゃん

 
  
きょうは夕方から、新築の忍者屋敷で久しぶりの覆面座談会を開催した。
いつものメンバーに宮田のケンちゃんが加わり、議論がヒートアップした。
  
 
(写真)リビングで見かけたサンヨーの液晶テレビ。
    普通はサンヨーは買わんでしょ、と突っ込むと以前のマンション購入時にタダでもらったそうだ。
    それにしても珍品やな。
Photo_2
 
 
(写真)実家は病院を経営してるんですう〜。と見せびらかすボンボン准教授。
Photo_6
 
 
この家の世帯主のN准教授は札幌出身なので、きょうは北海道の特産品が山ほどでてきた。
まず、羅臼の蛸で、この辺で蛸と言えば外国産なんだけど、天然の国産ダコのしかもルイベと言う食べ方でいただいたのは初めてだった。
  
 
Photo_5
 
 
極め付けは本場の毛ガニで、きめ細やかな白い身がギッシリ詰まったこの海からの贈り物は他のカニの追従を許さない気品が漂っていた。
 
ズワイ、お前の負けやで。
 
 
Photo
 
  
他にも美香夫人のおいしい手料理が次々とテーブルに並んだので、参加者のK准教授が、ここは居酒屋みたいだなあ、と言ったら、その奥方の京子ちゃんがその辺に暖簾をかけましょうよ、と言った。
 
似た者夫婦やで。
 
 
ケンちゃんがどうもいろいろ悩み多き年頃のようでVBLの運営に関していろいろと話をお聞きした。
特に、組織に所属する博士研究員達が雑用が多くてなかなか研究ができずその結果論文が少ない、とか、組織の本来の役割は何なのかという誰もが疑問に思っているタブーに触れた。
 
 
(写真)右、N准教授、左、ケンちゃん
    ホクロの位置まで知る間柄だそうだ。
Photo_3
 
  
まあ、管理人も学内のVBLや地域共同研究センター、インキュベーションセンターなど多くの組織の運営やその存在意義に関して多少なりとも疑問を感じるところもあるんだけど、自分の研究を中心に考えてこれまであまり注意を払わなかったので、これからは立場上もうちょっと積極的に意見を述べようかなと思った。
 
 
他には、事務が4月から人事異動で担当がガラッと変ったんだけど、業務の引き継ぎがキチンと行われたか疑問で、これからしばらくは事務とケンカが絶えないだろうということで意見が一致した。
 
事務と言うのは教員あってはじめて存在価値があるのであって、事務だけでは大学の存在価値はないのだと言う認識で、教員の方を向いて仕事をして欲しいと皆感じている。
しかし、実際にはつねに本省(この場合、文部科学省ね)の方を向いて仕事をする人がほとんどで、前例のないことはしないし、下(教員ね)からの要望など聞く耳をもたない。
 
外国では、学部長はもとより事務長も教員が兼ねることがあるので、自然と事務は教員の方を向かざるを得ないんだけどこの国では違う。
 
根本的な改革が必要なんじゃないかなあ。
 
 
あと、不満が爆発したのは、研究費からピンハネされる管理費のこと。
 
たとえば、科学研究費補助金(科研費)をいただくと15%の管理費が自動的についてくる。しかし、若手向けの科研費にはそれがないんだけど、それなのに事務は15%の管理費を要求する。
 
他の補助金や寄付金をもつ教員はそこから支出させられるけど、科研費以外の収入がない若手は、支払うことができないので、結局は来年度に持ち越されて結局は担当が替わりうやむやになる。
 
もともと、大型予算をもってくるとその為の事務手続きが多くなるので、非常勤の事務員を雇うことがあるし、光熱水費もそれだけ増える。スペースも必要になるだろう。
だから、文科省は管理費を別途付けるんだけど、若手の比較的額の小さい科研費に関しては、事務員本来の仕事の範囲内と判断され、管理費がつかない。
 
だから、本来、管理費と称して研究費からピンハネするのはおかしいのである。
 
 
交付金を毎年1%削られる大学としては、教員にできるだけ外部資金を稼がせて、そこからピンハネするしかないんだけど、まだまだそのやり方、制度として確立してると言えず、このあたりも抜本的な改革が必要だと思う。
 
でないと、いつか教員が暴動を起こすで。
まあ、その首謀者になりかねないN准教授など、外国出張に行った時に再入国を拒否した方がいいかも知れない。
 
 
こんな重要な話をしている時に、ケンちゃんはネムイネムイと言ってオケツをこちらに向けて寝てしまった。
  
 
Photo_4
 
 
今週は、よほど大学でイジメられたのか、家庭でコキ使われたのか、お疲れのようだ。
 
ウチのますます小林麻央に似てきたオッパッピー娘がつまようじでオケツを突っついたら痛い痛いと言って目をさました。
 
 
 
 
 
 
  
しかし、これって「覆面」座談会になってないんやないか。
 
 
  
最後にポチッ↓
    人気blogランキングへ
 
 
 

« 名古屋 | トップページ | コダックの有機ELテレビ »