« 岩盤浴 | トップページ | カネカの有機EL照明 »

2008年4月15日 (火)

台湾の有機EL

  
 
午前中は、米沢のT社の方々が情報交換のため研究室に来られた。
 
おみやげに、隣町の赤湯で有名な「白いくも」のフワフワのおいしいお菓子を大量にいただいた。
ハングリーな扶養家族(学生ね)が多いので有り難い。
 
ごちそうさまでした。
 
 
Photo
Photo_2
Photo_3
 
  
お昼は、学科にこられた新任の熊木先生の歓迎会ということで、先生方みんないっしょにお弁当を食べた。出席率高く、日頃外国にばかり出ていて見かけないクリちゃんがいたので驚いた。
 
アキちゃんケンちゃんのお二人は、きょうも隣同士でヒソヒソ話をしていたので、その隣に座って、ブログで二人の関係は全国250万人の読者にばれたよと言ったら、困っちゃうなあ、と言ってたけど顔は全然困っていなかった。
 
 
午後は、台湾からのお客さんが来室されて情報交換した。
 
台湾では、かつて6〜7社の有機ELメーカーがあったけど、今では4社に減った。
資金も技術力も将来性もあるのがアクティブ型パネルを量産しているチーメイで、ここは日本や韓国の大手メーカー並の実力を誇る。次がトッポリで、パッシブ型パネルのライトディスプレイやユニビジョンはきびしい状況が続いているようだ。
 
 
夕食は、「吉亭」でシャブシャブをいただいたんだけど、台湾の方々にはいつも大好評だ。
 
おかみさんが挨拶に来られて、いろいろ四方山話をしたんだけど、ここでは書けないようなこともお聞きして、おかみさん業も大変なんだなあと思った。
 
 
米沢牛は食べるに限るで。 
 
 
 
 
 
 
 
 
とりあえず、ポチッ↓
    人気blogランキングへ
 
 

 

« 岩盤浴 | トップページ | カネカの有機EL照明 »