« 恥の文化 | トップページ | 英語の重要性 »

2007年12月 9日 (日)

国語力

 
 
小学生の国語力が低下している。
まずは、Yahooニュースから引用:
 
「八つ」を「はちつ」、平仮名だけで作文−。小学生の国語力が低下していると感じる教師が約9割に上ることが8日、「岩波書店」(東京都千代田区)が教師100人を対象に行った調査で分かった。同社は「現場の先生が危機感を持っている表れではないか」としている。
 調査結果によると、国語力について「非常に低下」とした教師は15人で、「やや低下」の73人と合わせるとほぼ9割に達した。「全く低下していない」との回答は皆無だった。
 具体例を挙げてもらったところ、4年生が「八つ」を「はちつ」と誤読したほか、数え方を知らずに、何でも「個」とする児童がいたという。
 
 
 
試しにうちの小3の娘に、「八つ」を読ませたら、「やっつ」と読んだので、胸をなで下ろした。
 
だから言ったでしょ、今の小学生には英語より国語。
文部科学省、教育再生会議の有識者のみなさん、小学校から英語の授業を始めるなんて、「時代に逆行する」ことはしないでくださいね。
 
 
 
応援のポチッをお願いします↓
      人気blogランキングへ
  
 
 


« 恥の文化 | トップページ | 英語の重要性 »