« ヨーロッパの柿 | トップページ | 福島の寿司 »

2007年11月 6日 (火)

米沢市長選

  
  
午前中は、研究室の幹部会だ。
城戸教授、中山准教授、夫助教で新しく配属になった3年生12名の研究テーマと指導する学生を決めた。
うち3名は、城戸研究室で有機ELの研究をするために山形大を受験したやる気満々の有機ELマニアだ。
なんと、一人は韓国から留学してきたのだ。
将来的には、すべての学生が城戸研を目指して入学するような状況にしたいと思っている。
 
午後は、有機エレクトロニクス研究所に高崎経済大学の先生方が御来所。
「新地場産業への産学官からの挑戦」などを出版されており、山形の状況を聞きたいとのことだった。
有機エレクトロニクスバレー構想のビジョン、戦略、将来展望、それに課題も付け加えてお話した。
 

Photo
 
 
大学に戻り、学生らとのディスカッション。
来客がないことを知っていて、次から次へとパソコンをもってオフィスにやって来る。
修士2年は実質あと2ヶ月ちょっとで修論をまとめなければならない。
へたすると、留年するかも知れないので学生もそろそろ尻に火がついてきたのだ。
 
全員卒業できるかなあ。
 
ところで、
来る11月25日は米沢市の市長選挙だ。
 
先週末、自宅のポストに各候補のマニフェストやら政策目標やらが投げ込まれていた。
今回は、現職を含め候補は4人。
 
米沢に移住して早18年がたつけど、新幹線が開通したものの人口は着実に減り続け、町中はシャッター通りと化し、おまけに道路が渋滞する。

最悪やで、
明らかに、ここでは、町造りのビジョンがなかったのだ。

目を通した4人の候補者のマニフェストには、耳障りのいい理想的な公約がずらりと並ぶ。
有機エレクトロニクスバレー構想の推進者である私としましては、地場産業の活性化に関して、もっと真剣に考えて欲しいと思う。

候補者の方々と真剣に議論させていただきたいなあ、と思うきょうこの頃である。

 
 
ポチッ、としてますか↓
      人気blogランキングへ
 
 

« ヨーロッパの柿 | トップページ | 福島の寿司 »